今後のリリースでは、移行が使用可能な場合、移行後の vRealize Automation 7.5 または 7.6 の拡張性をそれぞれに応じたサブスクリプションと一緒に vRealize Automation Cloud Assembly で使用します。

表 1. vRealize Automation Cloud Assembly 内のサブスクリプション
サブスクリプション 用途
ブループリント コンポーネントの完了 必要に応じて使用します。
ブループリント コンポーネントの申請 必要に応じて使用します。
ブループリント構成 必要に応じて使用します。
ブループリント申請の完了 必要に応じて使用します。
ブループリントの申請 必要に応じて使用します。
ビジネス グループ構成 必要に応じて使用します。
カタログ申請の完了 必要に応じて使用します。
カタログ申請の受信 必要に応じて使用します。
コンポーネント アクションの完了 必要に応じて使用します。
コンポーネント アクションの申請 必要に応じて使用します。
展開アクションの完了 必要に応じて使用します。
展開アクションの完了 必要に応じて使用します。
エンドポイント アクション 制限使用
EventLog デフォルト イベント 制限使用
インフラストラクチャ エンドポイントのテスト接続 使用しません。
IP アドレス管理の IP アドレス ライフサイクル イベントの完了 制限使用
マシンのライフサイクル 制限使用
マシン プロビジョニング 以下でのみ使用:
  • BuildingMachine
  • MachineProvisioned
  • 破棄状態
Orchestrator サーバ構成 使用しません。
Orchestrator サーバ構成 (XaaS) - 廃止 使用しません。
事後承認 必要に応じて使用します。
事前承認 必要に応じて使用します。
リソース回収完了イベント 使用しません。