クラウド プロキシからログ バンドルを取得できます。

ログ バンドルは、次のような特定の問題やシナリオのトラブルシューティングで役立ちます:
  • cloudassembly-sddc-agent が存在しない。起動に失敗する。または最新バージョンではない。
  • 接続が失われ、クラウド プロキシ接続が失われたことを示すメッセージが表示される。
  • エンドポイント接続を検証できず、次のメッセージのいずれかが表示される。
    • エージェントが見つかりません
    • ID を使用してプロキシを取得できません.....
    • セッションが存在しません.....
  • 列挙が失敗し、次のようなメッセージが表示される。

    vAPI エンドポイントとの接続を確立できません。vAPI エンドポイントで vCenter Server が実行されていることを確認してください。予期しない文字 ('<' (code 60)):有効な値(数、文字列、アレイ、オブジェクト、「true」、「false」または「null」)。

  • 列挙は完了しません。
  • 仮想マシンのプロビジョニング アクションが失敗する。
  • 仮想マシンのインストール後のプロビジョニング後アクションが失敗する。

手順

  1. クラウド管理者権限が付与されていることを確認します。vRealize Automation Cloudでクラウド アカウントを使用するために必要な認証情報を参照してください。
  2. クラウド管理者ユーザー ロールが割り当てられていることを確認します。vRealize Automation Cloud のユーザー ロールについてを参照してください。
  3. そのアカウントにアクセスするための Amazon Web Services アカウントと管理者権限があることを確認します。
  4. 次の 2 つの手順のいずれかを使用して、ログ バンドルを生成します。
    • ユーザー インターフェイスによる方法

      ログを表示するにはこの方法を使用します。ただし、ログ バンドルを VMware に送信してサポートを依頼する場合は、コマンドラインによる方法を使用します。

      1. Cloud Assembly で、[インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド プロキシ] の順に選択します。
      2. 目的のクラウド アカウントに関連付けられているプロキシ仮想アプライアンスを選択し、[サポート バンドルのアップロード] をクリックします。

        ログは安全な Amazon AWS S3 サイトにアップロードされ、クラウド プロキシ ID でタグ付けされます。AWS S3 でクラウド プロキシ ID を使用してログを検索できるように、クラウド プロキシ ID を必ず記録してください。

        ログ バンドルの生成には数分かかる場合があります。

    • コマンドラインによる方法

      この方法は、ログを VMware に送信して問題のトラブルシューティングを依頼する際に使用します。

      1. コマンド プロンプト ウィンドウを開き、クラウド プロキシ仮想アプライアンスに SSH で接続します。
      2. 次のコマンドを実行します。

        sh /generate-log-bundle

        zip 形式で圧縮されたログ ファイル バンドルが、/root/log-bundle-directory フォルダに作成されます。

      3. log_bundle.tar.gz ファイルを解凍して、次のファイル構造を表示します。
        .
        ├── data1
        │   ├── blueprint-agent-logs
        │   ├── cmx-agent-logs
        │   ├── codestream-agent-logs
        │   ├── dclogs
        │   ├── log-forwarder
        │   ├── lost+found
        │   ├── proxylogs
        │   ├── sddc-agent-logs
        │   └── vro-agent-logs
        ├── files-list.txt
        ├── log
        │   ├── cimple
        │   ├── firstboot
        │   ├── lighttpd
        │   ├── network-proxy
        │   ├── sfcb
        │   ├── subsequentboot
        │   └── vami
        ├── provider-runtime.xml
        ├── proxy.properties
        └── shared
            └── ssl.keystore

      vCenter Server、NSXVMware Cloud on AWS のログは sddc-agent-logs フォルダ内にあります。