クラウドベースのベンダーは、仲介サービスやコネクタを必要としません。クラウドベースのターゲット サービスと Cloud Assembly の間の直接接続を構成します。この接続によって、Cloud Assembly がシステムから情報を収集し、クラウド テンプレートを 1 つ以上のアカウント リージョンに展開できるようになります。

アカウントを設定すると、[ Cloud Assembly ] によってアカウント リージョンの情報が収集されます。後でクラウド ゾーン、マッピング、プロファイルを設定するときは、リージョンを選択します。

必要な認証情報の詳細については、vRealize Automation Cloudでクラウド アカウントを使用するために必要な認証情報を参照してください。