vRealize Automation Cloud では、外部 IP アドレス管理プロバイダとの統合がサポートされています。この例では、外部 IP アドレス管理プロバイダとして Infoblox を使用します。

プロバイダ固有の IP アドレス管理統合ポイントを使用して、クラウド テンプレート展開の IP アドレスおよび関連するネットワーク特性を取得および管理できます。

この例では、外部 IP アドレス管理プロバイダを使用して組織のアカウントへのアクセスをサポートする外部 IP アドレス管理統合ポイントを作成します。このワークフローの例では、IP アドレス管理プロバイダは Infoblox で、プロバイダ固有の統合パッケージはすでに存在しています。これらの手順は Infoblox との連携に固有のものですが、別の外部 IP アドレス管理プロバイダ向けに IP アドレス管理統合を作成する際にはリファレンスとして使用できます。

プロバイダ固有の統合パッケージは、IP アドレス管理プロバイダの Web サイトまたは VMware Marketplace から取得できます。

この例では、VMware が提供している Infoblox パッケージ Infoblox.zip を使用します。このパッケージは、VMware Marketplaceからダウンロードできます。VMware Marketplaceで入手可能な最新の Infoblox プラグインのバージョンの詳細については、vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開を参照してください。

前提条件

  • クラウド管理者権限が付与されていることを確認します。vRealize Automation Cloudでクラウド アカウントを使用するために必要な認証情報を参照してください。
  • クラウド管理者ユーザー ロールが割り当てられていることを確認します。vRealize Automation Cloud のユーザー ロールについてを参照してください。
  • 外部 IP アドレス管理プロバイダにアカウントがあること、その IP アドレス管理プロバイダで組織のアカウントへの適切なアクセス認証情報があることを確認します。
  • IP アドレス管理プロバイダの導入済みの統合パッケージにアクセスできることを確認します。展開したパッケージは、IP アドレス管理プロバイダの Web サイトまたは VMware Solution Exchange のマーケットプレイスから zip 形式のダウンロード ファイルとして取得し、vRealize Automation Cloud に展開されます。

    プロバイダ パッケージの .zip ファイルをダウンロードして展開し、IP アドレス管理の統合ページで [プロバイダ] の値として使用できるようにする方法については、vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開を参照してください。

  • IP アドレス管理プロバイダに対して構成されて実行環境に対するアクセス権があることを確認します。実行環境は、通常、ターゲットの vCenter Server に展開されている関連付けられたクラウド拡張エンドポイントを含むクラウド アカウントまたは統合ポイントです。

    実行環境特性の詳細については、vRealize Automation Cloud での IP アドレス管理統合ポイント用の実行環境の作成を参照してください。

  • Infoblox アプリケーションで必要な拡張属性を有効にします。vRealize Automation Cloud との統合のために Infoblox アプリケーションの必要な拡張属性を追加を参照してください。
  • Infoblox の IP アドレス管理製品へのアクセスと使用に必要なユーザー認証情報があることを確認します。たとえば、Infoblox アプライアンスの [管理] タブを開き、管理者、グループ、およびロールのエントリをカスタマイズします。管理者権限またはスーパーユーザー権限を持つグループ、または DHCP、DNS、IP アドレス管理、およびグリッドの権限を持つカスタム グループのメンバーである必要があります。これらの設定を使用すると、Infoblox プラグインで使用可能なすべての機能にアクセスできます。これにより、ユーザーは Infoblox の IP アドレス管理統合を作成できるようになり、設計者はクラウド テンプレートと展開内で IP アドレス管理統合を使用できるようになります。ユーザー権限の詳細については、Infoblox の製品ドキュメントを参照してください。

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択して、[統合の追加] をクリックします。
  2. [IP アドレス管理] をクリックします。
  3. [プロバイダ] ドロップダウン リストで、構成済みの IP アドレス管理プロバイダ パッケージ(たとえば、Infoblox_hrg など)を選択します。

    リストが空の場合は、[プロバイダ パッケージのインポート] をクリックし、既存のプロバイダパッケージの .zip ファイルに移動して選択します。プロバイダの .zip ファイルがない場合は、IP アドレス管理プロバイダの Web サイトまたは VMware Marketplace から取得することができます。

    プロバイダ パッケージの .zip ファイルを vCenter に展開し、[統合] ページで [プロバイダ] の値として使用できるようにする方法については、vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開を参照してください。

    既存の IP アドレス管理統合をアップグレードして、ベンダーが提供する新しいバージョンの IP アドレス管理統合パッケージを使用する方法については、vRealize Automation Cloud で新しい外部 IP アドレス管理統合パッケージにアップグレードする方法を参照してください。

  4. 外部 IP アドレス管理プロバイダのアカウントの管理者ユーザー名とパスワードの認証情報を入力します。また、プロバイダのホスト名などのすべての必須フィールドも入力します。
    この例では、次の手順を使用して Infoblox IP アドレス管理プロバイダのホスト名を取得します。
    1. 別のブラウザ タブで、Infoblox 管理者権限を使用して IP アドレス管理プロバイダ アカウントにログインします。
    2. ホスト名の URL をコピーします。
    3. IP アドレス管理の統合ページの [ホスト名] フィールドに、ホスト名の URL を貼り付けます。
  5. [実行環境] ドロップダウン リストで、既存のオンプレミスのアクションベースの拡張性統合ポイント(たとえば Infoblox_abx_intg)を選択します。

    実行環境で、vRealize Automation Cloud と外部 IP アドレス管理プロバイダ間の通信がサポートされます。

    注: Amazon Web Services または Microsoft Azure クラウド アカウントを統合の実行環境として使用している合は、IP アドレス管理プロバイダ アプライアンスがインターネットからアクセス可能で、NAT またはファイアウォールの背後にないこと、パブリックに解決可能な DNS 名があることを確認してください。IP アドレス管理プロバイダにアクセスできない場合、 Amazon Web Services Lambda または Microsoft Azure 機能が接続できないため、統合は失敗します。関連情報については、 vRealize Automation Cloud での IP アドレス管理統合ポイント用の実行環境の作成を参照してください。
    IP アドレス管理フレームワークは、次のタイプの実行環境のいずれかをサポートします。
    • オンプレミスの、アクションベースの拡張性 (ABX) の統合ポイント
    • Amazon Web Services (FaaS) クラウド アカウント
    • Microsoft Azure (FaaS) クラウド アカウント
    注: Infoblox IP アドレス管理統合ポイントには、 vCenter Server の展開済みクラウド拡張性プロキシに関連付けられたオンプレミスのアクションベースの拡張性 (ABX) ポイントが必要です。

    Infoblox アプライアンスは、通常、インターネットからパブリックにアクセスできないオンプレミスのデータセンターに配置されています。これにより、オンプレミスのアクションベースの拡張性の統合ポイントが、Infoblox 実行環境に対する論理的な選択になります。オンプレミスのアクションベースの拡張性統合ポイントを使用すると、クラウド拡張性プロキシを独自のデータセンターに展開し、このクラウド拡張性プロキシを介して Cloud Assembly と Infoblox の間にトンネル リンクを開くことができます。

    このワークフローで使用した、サンプルとして示したオンプレミスのアクションベースの拡張統合ポイントの作成方法については、Cloud Assembly でのオンプレミスのアクション ベースの拡張性統合の設定を参照してください。

    構成したクラウド アカウントまたは統合ポイントは、関連付けられているクラウド拡張性プロキシを介して、vRealize Automation Cloud と IP アドレス管理プロバイダの間の通信を可能にします。すでに作成されているプロバイダを選択するか、新規作成することができます。

    実行環境の作成方法の詳細については、vRealize Automation Cloud での IP アドレス管理統合ポイント用の実行環境の作成を参照してください。

  6. [検証] をクリックします。
    この例では、実行環境に対してオンプレミスのアクションベースの拡張統合を使用しているため、検証アクションを表示できます。
    1. [拡張性] タブをクリックします。
    2. [アクティビティ] > [アクションの実行] の順にクリックし、フィルタから [すべての実行] または [統合の実行] を選択して、エンドポイント検証アクションが開始されて実行中であることを確認します。
  7. IP アドレス管理プロバイダからの自己署名証明書を信頼するように要求するプロンプトが表示されたら、[受け入れる] をクリックします。
    自己署名証明書を受け入れると、検証アクションを続行することができます。
  8. この IP アドレス管理統合ポイントの [名前]Infoblox_Integration など)と [説明]Infoblox IPAM with ABX integration for team HRG など)を入力します。
  9. [追加] をクリックして、新しい外部 IP アドレス管理統合ポイントを保存します。
    データ収集アクションは模倣されます。ネットワークおよび IP アドレス範囲が IP アドレス管理プロバイダからデータとして収集されます。データ収集アクションは、次のようにして表示できます。
    1. [拡張性] タブをクリックします。
    2. [アクティビティ] > [アクションの実行] の順にクリックして、データ収集アクションが開始され実行されていることを確認します。アクションの実行コンテンツを開いて内容を表示できます。

結果

これで、ネットワークおよびネットワーク プロファイルで、プロバイダ固有の外部の IP アドレス管理統合を使用できるようになりました。