Cloud Assembly テンプレートでは、vRealize Orchestrator アクションをクラウド テンプレートの入力として含めることができます。

クラウド テンプレート入力への vRealize Orchestrator アクションの追加

vRealize Orchestrator アクションをクラウド テンプレートの入力として使用するには、次のガイドラインに従います。

  1. vRealize Automation Cloud に組み込まれている vRealize Orchestrator のインスタンスで、必要な機能を実行するアクションを作成します。

    vRealize Orchestrator には、プリミティブな文字列、整数、数値、ブール値のタイプのみを含める必要があります。vRealize Orchestrator タイプはサポートされていません。

    この単純な例では、vRealize Orchestrator アクションは 3 つの入力を収集して、ハードコードされた文字列を返します。

    vRealize Orchestrator アクション スクリプト
  2. Cloud Assembly で、クラウド テンプレートを作成または編集します。
  3. コード エディタで、[入力] タブをクリックしてから、[新しいクラウド テンプレート入力] をクリックします。
  4. vRealize Orchestrator アクションの入力を追加するには、タイプをクリックしてから、[定数] をクリックします。

    vRealize Orchestrator アクション入力を新しいクラウド テンプレート入力として個別に追加します。

    アクション入力の追加
  5. アクション入力を追加したら、新しく別のクラウド テンプレート入力を作成し、タイプをクリックし、[外部ソース] をクリックして、[選択] をクリックします。
    外部ソースの追加
  6. [アクション] で、作成した vRealize Orchestrator アクションを検索して選択し、[保存] をクリックします。
    アクションの検索

    クラウド テンプレートを展開するときに、vRealize Orchestrator アクションの設定が申請元ユーザーの入力フォームに表示されます。

    入力フォーム内のアクション設定

構成可能なデフォルト

入力フォームにデフォルト値をポピュレートするには、vRealize Orchestrator アクションを外部ソースとして追加するときに、次のいずれかを実行します。

  • デフォルトのプロパティ値を手動で指定します。

    [バインド] オプションをオフにして、値を入力します。

    手動のデフォルト
  • クラウド テンプレートにすでに含まれている入力から、別のプロパティ値を使用します。

    [バインド] オプションを選択して、ドロップダウン リストからプロパティを選択します。

    バインドのデフォルト

vRealize Orchestrator の列挙型入力選択項目の追加

入力フォーム内に vRealize Orchestrator ベースの選択リストを作成するには、クラウド テンプレート入力を追加するときに次の操作を実行します。

  1. vRealize Orchestrator で、リストに必要な値をマッピングするアクションを作成します。
  2. Cloud Assembly で、クラウド テンプレートの入力を追加するときに [その他のオプション] を展開します。
  3. [ペア] を使用する場合は [外部ソース] をクリックし、[選択] をクリックして、作成した vRealize Orchestrator アクションを追加します。
    注: プロパティを追加するときにデフォルト値も作成する場合は、このデフォルトが vRealize Orchestrator アクションの列挙値の 1 つと正確に一致する必要があります。
    列挙型選択リストを追加する方法