Infoblox 向けに外部 IP アドレス管理統合を含む vRealize Automation Cloud プロジェクトには、Infoblox 固有のプロパティを使用できます。

次の Infoblox プロパティは、クラウド テンプレートのデザインおよび展開で Infoblox IP アドレス管理統合と共に使用できます。これらを vRealize Automation Cloud で使用することにより、クラウド テンプレートの展開時に IP アドレスの割り当ての制御を強化することができます。これらのプロパティの使用はオプションです。

注:

Infoblox プラグイン バージョン 1.5 を使用している場合、ローカル Infoblox プロパティは dnsSuffixdnsViewdnsEnabled、および dhcpEnabled プロパティでグローバル Infoblox プロパティをオーバーライドします。たとえば、Infoblox.IPAM.Network1.dnsSuffix などのローカル(NIC 固有)プロパティと Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix などのグローバル プロパティを指定すると、ローカル プロパティがグローバル プロパティをオーバーライドします。この例では、インデックス 1 を持つ NIC でローカル プロパティがグローバル プロパティをオーバーライドし、他のすべての NIC にはグローバル プロパティが適用されます。

Infoblox プラグイン 1.4 以前を使用している場合、dnsSuffixdnsViewenableDns、および enableDhcp プロパティについてグローバル Infoblox プロパティがローカル Infoblox プロパティをオーバーライドします。グローバル プロパティがすべての NIC に適用されます。

vRealize Automation Cloud 用のバージョン 1.5 以降の Infoblox プラグインには、以下のプロパティが含まれていて使用可能です。Infoblox プラグインのバージョンについての詳細と、vRealize Automation Cloud での IP アドレス管理統合のための Infoblox プラグインの最新バージョンの入手場所については、vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開を参照してください。

Infoblox V1.5 プラグインを使用すると、Infoblox 外部 IP アドレス管理統合のための DNS A レコードおよび PTR レコードを作成できます。プラグインは Infoblox ホスト レコードをサポートします。これらのレコードは、DNS システムに対してクエリを実行するログ作成ツールおよび資産管理ツールによる DNS 操作が適切に実行されるのに役立ちます。DNS A レコードおよび PTR レコードは、通常、IPv4 DNS システムで使用されます。デフォルトでは、ホスト レコードが作成されます。ただし、 Infoblox.IPAM.createFixedAddressInfoblox.IPAM.createAddressRecord、または Infoblox.IPAM.createAddressAndPtrRecords プロパティが true に設定されている場合、ホスト レコードは作成されません。

  • Infoblox.IPAM.createAddressRecord

    このプロパティを使用すると、Infoblox で仮想マシンの IP アドレスの DNS A レコードを作成できます。これは、Infoblox プラグイン v1.5 で使用できます。

  • Infoblox.IPAM.createAddressAndPtrRecords

    このプロパティを使用すると、Infoblox で仮想マシンの IP アドレスに対応する DNS A レコードと PTR レコードを作成できます。これは、Infoblox プラグイン v1.5 で使用できます。

  • Infoblox.IPAM.createFixedAddress

    このプロパティを使用すると、Infoblox 内に固定アドレス レコードを作成できます。利用可能な値は True と False です。デフォルト値は False です。

  • Infoblox.IPAM.Network.dnsView

    このプロパティを使用すると、Infoblox 内にホスト レコードを作成するときに DNS ビューを使用できます。

  • Infoblox.IPAM.Network.enableDns

    Infoblox で IP アドレスを割り当てるときに、このプロパティによって DNS レコードも作成できます。利用可能な値は True と False です。デフォルト値は True です。

  • Infoblox.IPAM.Network.enableDhcp

    このプロパティを使用すると、ホスト アドレスの DHCP を構成できます。利用可能な値は True と False です。デフォルト値は True です。

  • Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix

    このプロパティを使用すると、Infoblox ネットワークの domain DHCP オプションを新しい値で上書きできます。この機能は、Infoblox ネットワークに domain DHCP オプションが設定されていない場合、または domain DHCP オプションを上書きする必要がある場合に便利です。デフォルト値は null(空の文字列)です。

    Infoblox などの外部 IP アドレス管理プロバイダを使用する場合、マシンをプロビジョニングするときに DNS サフィックスを指定する必要があります。DNS サフィックスは必須ですが、次のいずれかの方法で指定できます。
    • vRealize Automation CloudvSphere ネットワーク サブネットの DNS サフィックスを指定します。
    • vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートのマシン リソース コードで Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix プロパティを指定します。

    以下の Infoblox.IPAM.Network.hostnameNicSuffix セクションに例が表示されています。

    Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix は、Infoblox.IPAM.Network.enableDns が True に設定されている場合にのみ適用されます。

  • Infoblox.IPAM.Network.hostnameNicSuffix

    ホスト名を生成するときに、このプロパティを使用して NIC インデックスのサフィックスを指定できます。

    これにより、複数の NIC を使用してマシンをプロビジョニングでき、その際、各 NIC のホスト名はカスタム定義のサフィックスで区別されます。次の例に示されているように、マシンをプロビジョニングすることができます。たとえば、my-machine に 2 つの NIC があり、1 つ目の NIC のホスト名のサフィックスが -nic1 で、もう一方は -nic2 になっています。

    この例に示すように、DNS サフィックスを指定することもできます。Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix プロパティは test.local の値を使用することで、最初の NIC は my-machine-nic1.test.local、もう一方は my-machine-nic2.test.local という名前になります。

    formatVersion: 1
    inputs: {}
    resources:
      Cloud_Machine_1:
        type: Cloud.Machine
        properties:
          Infoblox.IPAM.Network.dnsSuffix: test.local
          Infoblox.IPAM.Network0.hostnameNicSuffix: -nic1
          Infoblox.IPAM.Network1.hostnameNicSuffix: -nic2
          image: ubuntu
          flavor: small
          networks:
            - network: '${resource.Cloud_Network_1.id}'
              deviceIndex: 0
            - network: '${resource.Cloud_Network_2.id}'
              deviceIndex: 1
      Cloud_Network_1:
        type: Cloud.Network
        properties:
          networkType: existing
      Cloud_Network_2:
        type: Cloud.Network
        properties:
          networkType: existing

    このプロパティは、Infoblox プラグイン バージョン 1.3 で導入されました。vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開を参照してください。

  • また、拡張性サブスクリプションを使用して、プロパティを指定できます。

    このユースケースに関連する Infoblox 拡張可能属性の関連情報については、vRealize Automation Cloud との統合のために Infoblox アプリケーションの必要な拡張属性を追加を参照してください。

クラウド テンプレートのさまざまなマシン NIC での Infoblox プロパティの使用

次の Infoblox プロパティには、クラウド テンプレートのマシン NIC ごとに異なる値を設定できます。
  • Infoblox.IPAM.Network.enableDhcp
  • Infoblox.IPAM.Network.dnsView
  • Infoblox.IPAM.Network.enableDns
  • Infoblox.IPAM.Network.hostnameNicSuffix
たとえば、NIC ごとに異なる Infoblox.IPAM.Network.dnsView 値を使用するには、NIC ごとに Infoblox.IPAM.Network< nicIndex>.dnsView エントリを使用します。次の例では、2 つの NIC の Infoblox.IPAM.Network.dnsView 値が異なります。
formatVersion: 1
inputs: {}
resources:
  Cloud_Machine_1:
    type: Cloud.Machine
    properties:
      Infoblox.IPAM.Network0.dnsView: default
      Infoblox.IPAM.Network1.dnsView: my-net
      image: ubuntu
      flavor: small
      networks:
        - network: '${resource.Cloud_Network_1.id}'
          deviceIndex: 0
        - network: '${resource.Cloud_Network_2.id}'
          deviceIndex: 1
  Cloud_Network_1:
    type: Cloud.Network
    properties:
      networkType: existing
  Cloud_Network_2:
    type: Cloud.Network
    properties:
      networkType: existing

デフォルトでは、Infoblox の統合によって、Infoblox の default DNS ビューに DNS ホスト レコードが作成されます。Infoblox 管理者が custom DNS ビューを作成した場合は、デフォルトの統合動作を上書きして、マシン コンポーネントの Infoblox.IPAM.Network.dnsView プロパティを使用して名前付きビューを指定できます。たとえば、次のプロパティを Cloud_Machine_1 コンポーネントに追加すると、Infoblox に名前付き DNS ビューを指定できます。

  Cloud_Machine_1:
    type: Cloud.Machine
    properties:
      image: ubuntu
      flavor: small
      Infoblox.IPAM.Network.dnsView:<dns-view-name> 

DNS ビューの構成および使用方法の詳細については、Infoblox 製品ドキュメントのDNS ビューを参照してください。Infoblox 統合ワークフローの例については、vRealize Automation Cloud での外部 IP アドレス管理プロバイダ範囲の割り当てを使用するクラウド テンプレートの定義と展開を参照してください。

Infoblox プロパティの指定方法

Infoblox のプロパティを指定するには、 Cloud Assembly で次のいずれかの方法を使用します。
  • プロジェクトでプロパティを指定するには、[インフラストラクチャ] > [管理] > [プロジェクト] 画面の [カスタム プロパティ] セクションを使用します。この方法を使用すると、このプロジェクトの範囲でプロビジョニングされるすべてのマシンに対して、指定されたプロパティが適用されます。
  • クラウド テンプレートで各マシン コンポーネントにプロパティを指定できます。Infoblox.IPAM.Network.dnsView プロパティの使用方法を示すサンプル クラウド テンプレート コードを以下に示します。
    formatVersion: 1
    inputs: {}
    resources:
      Cloud_vSphere_Machine_1:
        type: Cloud.vSphere.Machine
        properties:
          Infoblox.IPAM.Network.dnsView: default
          image: ubuntu
          cpuCount: 1
          totalMemoryMB: 1024
          networks:
            - network: '${resource.Cloud_Network_1.id}'
      Cloud_Network_1:
        type: Cloud.Network
        properties:
          networkType: existing
          constraints: 
            - tag: mk-ipam-demo