SaltStack ConfigvRealize Automation Cloud と統合した場合は、展開内の仮想マシンにミニオンをインストールするときに SaltStack Config リソースを適用できます。ミニオンを展開した後は、SaltStack Config の強力な構成管理、ドリフト修正、状態管理の各機能を使用してリソースを管理できます。

ミニオンとは、Salt ミニオン サービスを実行するエージェントです。このサービスは、Salt マスター サービスを実行するサーバである Salt マスターによって公開されたジョブをサブスクライブします。ミニオンに特定のジョブが適用されると、ミニオンがジョブを実行します。

Salt 環境には 3 種類のミニオンがあります。
  • Salt ミニオン サービスを実行するエージェント。
  • Salt ミニオン サービスを実行できないデバイスを管理するプロキシ ミニオン
  • Salt ミニオンをインストールしないシステム上で Salt コマンドを実行するエージェントなしミニオン

Linux および Windows マシンを展開するときに、SaltStack Config リソースを使用してミニオンを展開し、状態ファイルを適用することができます。既存の展開でミニオンおよび状態ファイルを追加または更新するには、[SaltStack リソースの接続] Day 2 アクションを実行します。Day 2 アクションの詳細については、Cloud Assembly 環境で実行できるアクションを参照してください。

saltConfiguration プロパティを使用してミニオンおよび状態ファイルを Day 0 アクションとして展開する場合は、SaltStack Config リソースを使用するようにクラウド テンプレートを更新します。saltConfiguration プロパティは廃止されました。

[Salt 構成の適用] Day 2 アクションは、saltConfiguration プロパティを使用するリソースで引き続き使用できます。

開始する前に

  1. SaltStack Config をインストール済みで、統合が構成されていることを確認します。vRealize Automation Cloud での SaltStack Config 統合の構成を参照してください。

    ミニオンの主要な概念など、SaltStack Config の仕組みを理解するには、SaltStack ユーザー インターフェイスについてを参照してください。

  2. SaltStack Config で、ミニオンからマスターへの FQDN の名前解決が機能していることを確認します。
    1. SaltStack Config で Salt マスターの FQDN を確認するには、[ミニオン] > [すべてのミニオン] の順に選択します。
    2. [ミニオン ID] 列を値 [saltmaster] でフィルタリングします。
    3. 詳細を表示するには、[saltmaster] をクリックします。
    4. FQDN の値が正しいことを確認します。
  3. Linux マシンにミニオンを展開する場合は、Salt ミニオンを使用して展開する vSphere 内のイメージで SSH 機能が有効になっていることを確認します。SSH は、リモートからマシンにアクセスし、ミニオンを展開するために使用されます。
  4. Windows マシンにミニオンを展開する場合は、Windows 環境で API (RaaS) を使用してミニオンを展開する方法を参照してください。

  5. VMware Tools がインストールされ、Salt ミニオンが構成されている仮想マシンにミニオンを展開する場合は、SaltStack Config[ミニオン キー] ワークスペースにある [受け入れ済み] タブに VMware Tools Salt ミニオン キーが表示されていることを確認します。詳細については、VMware Tools を使用して Salt ミニオンを有効にするを参照してください。

    注: VMware Tools Salt ミニオンのバージョンが古い場合は、仮想マシンにミニオンを展開しても Salt マスターは最新バージョンにアップグレードされません。手動で Salt マスターをアップグレードする必要があります。詳細については、 マスター プラグインのアップグレードを参照してください。
  6. 展開するマシンに IP アドレスを割り当てることができることを確認します。

    SaltStack Config では、マシンに IP アドレスが必要です。Salt マスターが配置されている SDDC (Software-Defined Data Center) のパブリック IP CIDR 範囲内の IP アドレスを使用します。

  7. SaltStack Config リソース プロパティを追加する前に、ミニオンの追加先のクラウド テンプレートが展開可能であることを確認します。
  8. 次のサービス ロールがあることを確認します。
    1. Cloud Assembly 管理者
    2. Cloud Assembly ユーザー
    3. Service Broker 管理者

    SaltStack Config リソースを使用するには、これらのサービス ロールが必要です。