クラウド管理者は、チームが vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートを展開するアカウント リージョンの Google Cloud Platform (GCP) クラウド アカウントを作成できます。

前提条件

手順

  1. Cloud Assembly で、[インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択し、[クラウド アカウントの追加] をクリックします。
  2. Google Cloud Platform のアカウント タイプを選択し、適切な認証情報と関連情報を入力します。ソース GCP アカウントのコンピューティング エンジンが初期化されたときに作成されたサービス アカウントを使用します。

    上記の「[前提条件]」セクションに示されているように、認証情報の要件はvRealize Automation Cloudでクラウド アカウントを使用するために必要な認証情報に記載されています。vRealize Automation Cloud でクラウド アカウントを正常に作成するには、ソース GCP アカウントでコンピューティング エンジン サービスを有効にしておく必要があります。

    vRealize Automation Cloud では、プロジェクト ID は Google Cloud Platform エンドポイントの一部です。これは、クラウド アカウントの作成時に指定します。プロジェクト固有のプライベート イメージのデータ収集中に、vRealize Automation Cloud GCP アダプタは Google Cloud Platform API に対してクエリを実行します。

  3. [検証] をクリックします。
    アカウントに関連付けられているアカウント リージョンが収集されます。
  4. このリソースをプロビジョニングするリージョンを選択します。
  5. 効率を高めるために、[選択したリージョンのクラウド ゾーンの作成] をクリックします。
  6. タグ付けストラテジをサポートするタグが必要な場合は、機能タグを入力します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

    ビデオ記号機能タグと制約タグによって展開の配置を制御する方法の詳細については、ビデオ チュートリアルConstraint Tags and Placementを参照してください。

  7. [追加] をクリックします。

結果

アカウントが vRealize Automation Cloud に追加され、選択したリージョンが指定したクラウド ゾーンで使用可能になります。

次のタスク

このクラウド アカウントのインフラストラクチャ リソースを作成します。

ここでは、Cloud Assembly から Google Cloud Platform 仮想マシンを展開する際の情報を提供します。

Google Cloud Platform クラウド アカウントを Cloud Assembly クラウド テンプレートに追加する場合は、useSoleTenant YAML プロパティを使用して、仮想マシンを単一テナント ノードに展開するように指定できます。この設定により、セキュリティ、プライバシー、その他の問題について仮想マシンの切り分けが可能になります。

この機能を簡素化するために、Google Cloud Platform ノード アフィニティ ラベルは Cloud Assembly でタグに変換され、これらのタグはノード グループが含まれる適切な vRealize Automation Cloud アベイラビリティ ゾーンに適用されます。useSoleTenant プロパティが true に設定されている場合、制約タグはノード アフィニティ ラベルのいずれかである必要があります。また、マシンを単一テナント モードで展開するには、useSoleTenant プロパティと制約タグをクラウド テンプレートに含める必要があります。

この機能を使用する前に、適切なノード テンプレートとノード アフィニティ ラベルを Google Cloud Platform 内に作成し、さらにノード グループを作成する必要があります。

次の YAML の例は、Cloud Assembly クラウド テンプレート内で useSoleTenant プロパティを使用する方法を示しています。制約タグは、Google Cloud Platform サーバから自動収集されたノード アフィニティ ラベルです。

resources:
  Cloud_GCP_Machine_1:
    type: Cloud.GCP.Machine
    properties:
      image: ubuntu
      flavor: c2-family
      name: demo-vm
      useSoleTenant: true
      constraints:
        -tag: 'env:prod'
        -tag: 'region:asia-east1'