ネットワーク プロファイルが、外部 IP アドレス管理統合を使用する vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートで使用されている場合、オンデマンド ネットワークの IP アドレスのブロックをサポートするようにこのネットワーク プロファイルを設定できます。

特定の外部 IP アドレス管理プロバイダに既存の統合を使用すると、外部 IP アドレス管理システムに新しいネットワークを作成するようにオンデマンド ネットワークをプロビジョニングすることができます。

このプロセスを使用して、親 CIDR を指定する代わりに、IP アドレスのブロックを構成します(vRealize Automation Cloud の内部 IP アドレス管理を使用する場合と同様)。IP アドレス ブロックは、新しいネットワークをセグメント化するためにオンデマンド ネットワークのプロビジョニング中に使用されます。統合でオンデマンド ネットワークがサポートされている場合は、外部 IP アドレス管理プロバイダから IP アドレス ブロックのデータが収集されます。たとえば、Infoblox IP アドレス管理統合を使用している場合、IP アドレス ブロックは Infoblox ネットワーク コンテナを表します。

クラウド テンプレートでオンデマンド ネットワーク プロファイルと外部 IP アドレス管理統合を使用している場合は、クラウド テンプレートの展開時に次のイベントが発生します。
  • 外部 IP アドレス管理プロバイダにネットワークが作成されます。
  • vRealize Automation Cloud にもネットワークが作成され、CIDR やゲートウェイ プロパティなどの設定を含む新しいネットワーク設定が IP アドレス管理プロバイダから反映されます。
  • 展開された仮想マシンの IP アドレスは、新しく作成されたネットワークから取得されます。

このオンデマンド ネットワークの例では、クラウド テンプレート展開において外部 IP アドレス管理プロバイダとして Infoblox を使用することにより、vSphere からオンデマンド ネットワークにマシンをプロビジョニングできるように、ネットワーク プロファイルを構成します。

関連情報については、vRealize Automation Cloud で外部 IP アドレス管理統合用の既存ネットワークをサポートするようにネットワーク プロファイルを設定する方法を参照してください。どちらのネットワーク設定の例も、チュートリアル:vRealize Automation Cloud 用 VMware Cloud on AWS の構成に示されている、外部 IP アドレス管理統合用のベンダー固有のワークフロー全体に適合します。

前提条件

次の前提条件は、ネットワーク プロファイルを作成または編集するユーザーに適用されますが、IP アドレス管理統合を含むクラウド テンプレート展開で使用する場合は、ネットワーク プロファイル自体が適用されます。ベンダー固有の IP アドレス管理統合ポイントについては、vRealize Automation Cloud での外部 IP アドレス管理統合の構成方法を参照してください。

この一連の手順は、IP アドレス管理プロバイダの統合ワークフローのコンテキストの一部として表示されます。チュートリアル:vRealize Automation Cloud のプロバイダ固有の外部 IP アドレス管理統合の構成を参照してください。

  • クラウド管理者権限が付与されていることを確認します。vRealize Automation Cloudでクラウド アカウントを使用するために必要な認証情報を参照してください。
  • クラウド管理者ユーザー ロールが割り当てられていることを確認します。vRealize Automation Cloud のユーザー ロールについてを参照してください。
  • InfobloxBluecat などの外部 IP アドレス管理プロバイダにアカウントがあること、IP アドレス管理プロバイダに組織のアカウントへの適切なアクセス認証情報があることを確認します。このワークフローの例では、IP アドレス管理プロバイダは Infoblox です。
  • IP アドレス管理プロバイダの IP アドレス管理統合ポイントがあること、および IP アドレス管理統合を作成するために使用される IP アドレス管理パッケージがオンデマンド ネットワークをサポートしていることを確認します。vRealize Automation Cloud での Infoblox 用外部 IP アドレス管理統合の追加を参照してください。

    Infoblox IP アドレス管理パッケージがオンデマンド ネットワークをサポートしていても、使用しているのが別のプロバイダの外部 IP アドレス管理統合である場合は、その IP アドレス管理統合パッケージがオンデマンド ネットワークをサポートしていることを確認してください。

手順

  1. ネットワーク プロファイルを設定するには、[インフラストラクチャ] > [構成] > [ネットワーク プロファイル] の順にクリックします。
  2. [新しいネットワーク プロファイル] をクリックします。
  3. [サマリ] タブをクリックして、次のサンプル設定を指定します。
    • vSphere クラウド アカウント/リージョンを指定します(vSphere-IPAM-OnDemandA/Datacenter など)。

      この例では、NSX クラウド アカウントに関連付けられていない vSphere クラウド アカウントを使用することを想定しています。

    • ネットワーク プロファイルに名前を付けます(Infoblox-OnDemandNP など)。
    • ネットワーク プロファイルの機能タグ(infoblox_ondemandA など)を追加します。

      機能タグは、クラウド テンプレートをプロビジョニングするときに使用するネットワーク プロファイルの関連付けを作成するためのクラウド テンプレートの制約タグとしても使用する必要があるため、書き留めておきます。

  4. [ネットワーク ポリシー] タブをクリックして、次のサンプル設定を指定します。
    • [隔離ポリシー] ドロップダウン メニューで [オンデマンド ネットワーク] を選択します。
      このオプションでは、外部 IP アドレス管理の IP アドレス ブロックを使用できます。クラウド アカウントによっては、新しいオプションが表示されることがあります。たとえば、 NSX クラウド アカウントに関連付けられている vSphere クラウド アカウントを使用している場合は、次のオプションが表示されます。
      • トランスポート ゾーン
      • Tier-0 論理ルーター
      • Edge クラスタ

      この例では、vSphere クラウド アカウントが NSX に関連付けられていないため、[ネットワーク ドメイン] メニュー オプションが表示されます。

    • [ネットワーク ドメイン] オプションは空白のまま残します。
  5. アドレス管理の [ソース] として [外部] をクリックします。
  6. [IP アドレス ブロックの追加] をクリックして、[IP アドレス管理の IP アドレス ブロックの追加] 画面を開きます。
  7. [IP アドレス管理の IP アドレス ブロックの追加] 画面の [プロバイダ] メニューで、既存の外部 IP アドレス管理統合を選択します。たとえば、サンプル ワークフローのvRealize Automation Cloud での Infoblox 用外部 IP アドレス管理統合の追加Infloblox_Integration 統合ポイントを選択します。
  8. [アドレス空間] メニューで、使用可能な一覧表示されている IP ブロックの中から 1 つ([10.23.118.0/24])を選択して、追加します。

    IP アドレス管理プロバイダがアドレス空間をサポートしている場合は、[アドレス空間] メニューが表示されます。Infoblox 統合の場合、アドレス空間は Infoblox ネットワーク ビューで表されます。

  9. [サブネット サイズ][/29 (-6 IP addresses)] など)を選択します。
  10. [作成] をクリックします。

結果

ネットワーク プロファイルが作成され、指定した外部 IP アドレス管理統合を使用してオンデマンド ネットワークをプロビジョニングする際に使用できるようになります。次のサンプル クラウド テンプレートは、この新しいネットワーク プロファイルで定義されているネットワークに展開する単一のマシンを示しています。

			formatVersion: 1
			inputs: {}
			resources:
			  Cloud_Machine_1:
			    type: Cloud.Machine
			    properties:
			      image: ubuntu
			      flavor: small
			      networks:
			        - network: '${resource.Cloud_Network_1.id}'
			          assignment: static
			  Cloud_Network_1:
			    type: Cloud.Network
			    properties:
			      networkType: private
			      constraints:
			        - tag: infoblox_ondemandA
注: クラウド テンプレートが展開されている場合は、指定した IP アドレス ブロック内の使用可能な最初のネットワークが取得され、ネットワーク CIDR と見なされます。クラウド テンプレートで NSX ネットワークを使用している場合は、代わりに、次のようにネットワーク プロパティ networkCidr を使用して、ネットワークの CIDR を手動で設定できます。これにより、CIDR を手動で設定し、関連付けられたネットワーク プロファイルで指定されている IP アドレス ブロックとサブネット サイズの設定をオーバーライドすることができます。
Cloud_Network_1:
			    type: Cloud.Network
			    properties:
			      networkCidr: 10.10.0.0/16