Service Broker のクラウド管理者またはカタログ利用者は、リソース ノードを使用してクラウド リソースを管理できます。

さまざまなビューを使用して、リソースを検索および管理できます。リストをフィルタリングし、リソースの詳細を確認してから、個々のアイテムに対してアクションを実行できます。使用可能なアクションは、展開済みか検出済みかといったリソース オリジンや、リソースの状態によって異なります。

Cloud Assembly 管理者の場合は、検出されたマシンを表示および管理することもできます。

リソースを表示するには、[リソース] > [リソース] の順に選択します。

リソース リストの操作

リソース リストを使用して、展開を構成するマシン、ストレージ ボリューム、およびネットワークを管理できます。リソース リストでは、展開ごとにではなくリソース タイプ グループでこれらを管理できます。

展開リスト ビューと同様にリストのフィルタ、リソース タイプの選択、検索、並べ替え、およびアクションの実行を行うことができます。

リソース名をクリックすると、展開の詳細のコンテキストでリソースを操作できます。

カード リストを使用して、展開を検索および管理できます。特定の展開をフィルタまたは検索してからこの展開でアクションを実行できます。

図 1. リソース画面のリスト

リソース画面のスクリーンショット。このスクリーンショットのアクション メニューには、選択したマシンで実行できるアクションが表示されています。
  1. リソース属性に基づいてリストをフィルタします。

    たとえば、プロジェクト、クラウド タイプ、オリジンなどの属性に基づいてフィルタできます。

  2. 名前やアカウント リージョンなどの値に基づいてリソースを検索します。
  3. 使用可能な Day 2 アクションで、リソース タイプとリソース状態に固有のものを実行します。

    たとえば、検出済みのマシンがオフの場合にパワーオンします。または、オンボード済みのマシンのサイズを変更します。

オリジン別の管理対象リソースのリスト

[リソース] タブを使用すると、次のタイプのリソースを管理できます。

表 1. リソース オリジン
管理対象リソース 説明
展開済み

展開は、完全に管理されたワークロードであり、展開済みのクラウド テンプレートとオンボード済みのリソースのいずれかです。ワークロード リソースには、マシン、ストレージ ボリューム、ネットワーク、ロード バランサ、およびセキュリティ グループを含めることができます。

展開は、[展開] セクションまたは [リソース] セクションで管理できます。

検出済み

検出済みのリソースは、追加した各クラウド アカウント リージョンで検出プロセスによって識別されたマシン、ストレージ ボリューム、ネットワーク、ロード バランサ、およびセキュリティ グループです。

検出済みのリソースを [リソース] セクションで表示および管理できるのは、Cloud Assembly 管理者のみです。

オンボード済み

オンボード済みのリソースは、より堅牢な vRealize Automation Cloud で管理される検出済みのリソースです。オンボード済みのリソースは、展開と同様に管理されます。

オンボード済みのリソースは、[展開] セクションまたは [リソース] セクションで管理できます。

リソース詳細ビューについて

リソース詳細ビューを使用すると、選択したリソースをさらに詳しく確認できます。リソースごとに異なりますが、このビューには、ネットワークやポートなどマシンに関して収集された情報が表示されます。情報の詳しさは、クラウド アカウントのタイプとオリジンによって変化します。

詳細ペインを開くには、リソース名または二重矢印をクリックします。

図 2. リソース詳細ペイン

リソース画面のスクリーンショット。このスクリーンショットでは、選択したマシンに関して収集された情報が詳細ペインに表示されています。

リソースに対して実行できる Day 2 アクション

使用可能な Day 2 アクションは、リソース オリジン、クラウド アカウント、リソース タイプ、および状態によって異なります。

表 2. オリジン別のアクションのリスト
リソース オリジン Day 2 アクション
展開済み リソースに対して実行できるアクションは、リソース タイプ、クラウド アカウント、および状態によって異なります。詳細なリストについては、Service Broker 環境で実行できるアクションを参照してください。
検出済み

検出済みのリソースに対して使用可能なアクションは、仮想マシンに限定されています。ステータスに応じて、次のアクションを実行できます。

  • パワーオフ
  • パワーオン

vSphere 仮想マシンの追加アクション。

  • リモート コンソールへの接続
オンボード済み オンボード済みのリソースの Day 2 アクション管理オプションは、展開と同じです。オンボード済みのリソースに対して実行できるアクションは、リソース タイプ、クラウド アカウント、および状態によって異なります。詳細なリストについては、Service Broker 環境で実行できるアクションを参照してください。