vRealize Automation Cloud 評価版で使用できるさまざまなオプションについて説明します。

vRealize Automation Cloud で使用できるすべての機能は、vRealize Automation Cloud 評価版でも利用可能です。評価版のユーザーには、vRealize Automation Cloud オブジェクトのスタータ セット、および自動的に作成されたユーザーと組織の完全な構成が提供されているというメリットがあります。vRealize Automation Cloud オブジェクトは、ソース VMware Cloud on AWS SDDC からデータとして収集されたリソースを使用して、評価版アクティベーション プロセスで生成されます。

vRealize Automation Cloud を開くときに、 vRealize Automation Cloud サービスのいずれかで作業するように選択できます。
  • スタータ カタログ アイテム(別名、展開)を試す場合は、Service Broker サービスを使用します。
  • フレーバー、イメージ マッピング、クラウド アカウント、プロジェクト、ゾーンなどのインフラストラクチャ要素を試す場合は、Cloud Assembly サービスを使用します。クラウド テンプレートを定義および変更する場合や、展開を生成する場合にも、このサービスを使用します。
  • DevOps ライフサイクル内で新しいパイプラインを構築する場合は、Code Stream サービスを使用します。

    Service Broker および Cloud Assembly サービスでは、評価版アクティベーション プロセスによってスタータ要素が作成されますが、Code Stream サービスではスタータ要素が作成されません。

    評価版での Code Stream オブジェクトの作成に必要なエージェントは、評価版アクティベーション プロセスの一環としてインストールされないことに注意してください。評価版で Code Stream オブジェクトを作成して使用する方法については、vRealize Automation Cloud 製品ドキュメントCode Stream の使用と管理を参照してください。

サービスを切り替えるには、アクティブなサービス内でサービス セレクタを使用します。

ヘルプ パネルを使用して、開くサービスを選択します。

vRealize Automation Cloud を構成するサービスの概要については、以下のリソースを参照してください。
vRealize Automation Cloud サービスで実行できる操作の詳細については、以下のリソースを参照してください。

導入に関する情報や、ビデオ、FAQ、その他のコンテンツへのリンクを含む vRealize Automation Cloud の概要については、VMware vRealize Automation Cloud 製品ページを参照してください。