VMware Cloud on AWSSDDC は、vRealize Automation Cloud 評価版アクティベーションの対象となります。組織は、使用可能な VMware Cloud on AWSSDDC ごとに 1 つの vRealize Automation Cloud 評価版のアクティベーションを開始できます。

この手順では、サンプル VMware Cloud on AWSSDDC から vRealize Automation Cloud 評価版を有効にします。

前提条件

評価版のアクティベーション プロセスを開始する前に、自分および VMware Cloud on AWSSDDC 管理者は、SDDC に関する次の前提条件を満たしていることの影響を確認し、理解しておく必要があります。
  1. 評価版を開始するソース SDDC の vCenterServer 画面で、SDDC-Datacenter ノードの下にあるクラスタ名を確認します。ソース SDDC は、評価版のアクティベーションを開始するために使用される SDDC です。これによって、vRealize Automation Cloudにスタータ オブジェクトが自動的に作成されます。

    ソース SDDC には、Cluster-1または Cluster-sddc_index_number-1 のいずれかのクラスタが必要です。これが SDDC のデフォルトのクラスタおよびリソース プールです。vRealize Automation Cloud評価版のアクティベーション プロセスでは、このクラスタおよびリソース プールを使用してスタータ クラウド アカウントの配置ゾーンを作成します。

  2. 評価版を開始するソース SDDC の vCenterServer 画面で、SDDC-Datacenter ノードに WorkloadDatastore という名前のデータストアが含まれていることを確認します。

    これが SDDC のデフォルトのデータストアです。評価版のアクティベーション プロセスでストレージ プロファイルを作成するために使用されます。

    このデータストアが存在しない場合は、評価版のアクティベーション プロセスでスタータ ストレージ プロファイルを作成できません。評価版のアクティベーション プロセスでスタータ データストアを作成できない場合は、評価版を有効にした後に手動で作成する必要があります。

  3. [SDDC のネットワークとセキュリティ] タブに移動し、ネットワーク セグメントのリストを確認します。SDDC-Datacenterノードに、ネットワーク セグメント sddc-cgw-network-1 が含まれていることを確認します。

    これが SDDC のデフォルト ネットワークです。評価版のアクティベーション プロセスでネットワーク プロファイルを作成するために使用されます。

    デフォルト ネットワークsddc-cgw-network-1が存在しないか、名前が変更されている場合は、評価版のアクティベーション プロセスでスタータ ネットワーク プロファイルを作成できません。この場合、vRealize Automation Cloudはプロビジョニング中に仮想マシンを接続するネットワークをランダムに選択します。vRealize Automation Cloudが選択したネットワークに十分な権限がない場合は、vRealize Automation Cloud でプロビジョニング エラーが発生する可能性があります。

  • 組織にvRealize Automation Cloudサブスクリプションがすでに存在する場合、評価版のアクティベーションは使用できません。既存のサブスクリプションは、VMware Cloud Services 画面に vRealize Automation Cloudカードとして表示されます。
  • 評価版のアクティベーションは、米国のリージョンのデータセンターにあるソース VMware Cloud on AWSSDDC のみで使用できます。
  • すでにアクティベーションされているソースVMware Cloud on AWSSDDC には評価版アクティベーションを使用できません。VMware Cloud on AWSSDDC と vRealize Automation Cloud の両方が米国のリージョン内にある必要があります。

手順

次の手順を使用して、 vRealize Automation Cloud評価版のアクティベーション プロセスを開始します。
  1. ソース SDDC を所有する組織内の 組織所有者ロールを持つユーザーとして、vCenter Server の VMware Cloud on AWS コンソールにログインします。
  2. すべての SDDC が一覧表示されている画面を開き、vRealize Automation Cloud評価版のソースとして使用する SDDC を選択します。

    画面では、アプリケーション サイドバー メニューで選択された SDDC が表示されています。

    この機能は、米国のリージョンにある SDDC のみで使用できます。

  3. 選択した SDDC ページで、[アドオン] タブをクリックします。

    画面には、選択した SDDC の [アドオン] タブが表示されています。

  4. vRealize Automation Cloudアドオン カードの [有効化] をクリックします。

    評価版を有効にするタイル

    VMware Cloud on AWSSDDC は、一度に 1 つの vRealize Automation Cloud 評価板のみが使用できます。

  5. [有効化] をクリックして、評価版のアクティベーション プロセスが完了するのを待ちます。
    vRealize Automation Cloud評価版のアクティベーション中に、次のイベントが自動的に発生します。ユーザーの操作は必要ありません。プロセスが完了するまで、約 20 ~ 30 分かかります。
    • 組織が作成され、vRealize Automation Cloudに対する 45 日間の評価用アクセス権が付与されます。
    • ユーザーに、必要な vRealize Automation Cloudユーザー ロールが付与されます。
    • VMware Cloud on AWSSDDC が vRealize Automation Cloud に登録されます。
    • ソース SDDC に対応するVMware Cloud on AWSクラウド アカウントが作成されます。クラウド アカウントの名前は、ソース SDDC の名前に対応しています。
    • Cloud Assemblyサービスで利用可能な機能を使用して、VMware Cloud on AWS クラウド アカウント/リージョン用のプロジェクトおよびクラウド ゾーンが作成されます。プロジェクトの名前とクラウド ゾーンの名前は、ソース SDDC の名前に対応しています。
    • ネットワーク プロファイルとストレージ プロファイルは、イメージ マッピングやフレーバー マッピングと同様に、単一のネットワーク セグメントを含めて作成されます。ネットワーク プロファイルの名前とストレージ プロファイルの名前は、ソース SDDC の名前に対応しています。
    • ソース Cloud AssemblySDDC 内の各仮想マシン イメージの情報を含むクラウド テンプレートは、VMware Cloud on AWS サービスで作成されます。クラウド テンプレートの名前は、ソース SDDC の名前に対応しています。
    • カタログ アイテムは、クラウド テンプレートに対応するService Brokerサービスで作成されます。カタログ アイテムの名前は、ソース SDDC の名前に対応しています。
  6. 評価版のアクティベーション プロセスが完了したら、SDDC の vRealize Automation Cloudアドオンカードで [vRealize Automation Cloud を開く] をクリックします。

    Service BrokervRealize Automation Cloud 評価版が開き、次のサンプル イメージに示すように、評価版のアクティベーション プロセスによって作成されたカタログ アイテムが表示されます。

    画面には、Service Broker で作成されたカタログ アイテムが表示されています。

  7. カタログ アイテム、クラウド テンプレート、プロファイル、およびその他のリソース オブジェクトを試すには、vRealize Automation CloudCloud Assembly サービスと Service Broker サービス、およびCode Stream サービスを使用します。初期ガイダンスについては、VMware Cloud on AWS 向け vRealize Automation Cloud 評価版の確認を参照してください。

vRealize Automation Cloudの詳細については、vRealize Automation の製品ページvRealize Automation の製品ドキュメントを参照してください。