Cloud Assembly インスタンスを設定して検証するには、クラウド アカウントに基づいてインフラストラクチャを構成してから、確実にすべてのものがシステムを通過するようにクラウド テンプレートを作成して導入します。

この使用事例は、クラウド管理者が Cloud Assembly を初めて使用するときに役立ちます。Amazon Web Services のクラウド アカウントを追加して、そのアカウントに関連するインフラストラクチャを構成します。インフラストラクチャは、クラウド アカウント リージョン、ユーザーをリージョンにリンクするためのプロジェクト、導入時に使用するサイズおよびイメージ マッピングで構成されます。インフラストラクチャをテストするには、次に単純なクラウド テンプレートを作成して導入します。

この開始プロセスに役立つように、次の手順がユーザー インターフェイスのガイド付きセットアップとして提供されています。

Cloud Assembly に初めてログインすると、ガイダンスありのセットアップ図が表示されることがあります。この図は、構成するコンポーネントが申請時にクラウド テンプレートを処理する方法を示しています。[続行] をクリックして、クラウド アカウントを構成します。

前提条件

  • クラウド管理者としてログインします。
  • クラウド アカウントへの接続に必要な認証情報があることを確認します。Amazon Web Services アカウントを使用している場合は、それらの認証情報を使用することを検討してください。詳細については、Cloud Assembly を開始する前にを参照してください。

手順

  1. [ガイド付きセットアップ] を開きます。
    ヘルプを使用しています。
    1. タブ バーの [ガイド付きセットアップ] をクリックします。
    2. サポート パネルで、[ガイド付きセットアップの概要] をクリックします。
      ガイド付きセットアップは、ユーザー インターフェイスに表示されている画面のコンテキストに依存します。最初に表示されるガイド付きセットアップのトピックは、ユーザー インターフェイスで表示中の画面によって異なります。ガイド付きセットアップの概要へのリンクは、各スタート トピックの先頭にあります。
    3. ステップ リストで、[クラウド アカウントの作成] をクリックして開始します。
      ガイド付きセットアップによってクラウド アカウント トピックが開き、ユーザー インターフェイスにページが表示されます。
    サポート パネルと提供されたワークフローの情報を使用して、インフラストラクチャを設定し、クラウド テンプレートを作成し、テンプレートを展開します。
  2. クラウド アカウントを追加します。
    クラウド アカウントを構成します。
  3. Amazon Web Services のいずれかのリージョンのクラウド ゾーンを作成します。
    新しいクラウド ゾーン。
  4. ユーザーとクラウド ゾーンを設定したプロジェクトを作成します。
    プロジェクトを追加します。
  5. small フレーバー マッピングを作成します。
    フレーバー サイズ。
  6. ubuntu-16 イメージ マッピングを作成します。
    Ubuntu イメージ マッピング。
  7. ubuntu-16 オペレーティング システムを使用する小型のマシンを導入する単純なクラウド テンプレートを作成します。
    クラウド テンプレートを作成します。
  8. 展開されたクラウド テンプレートを確認します。
    展開の状態を確認します