標準ディスクは、パーシステントまたは非パーシステントにすることができます。

vRealize Automation Cloud では、標準ディスクと First Class Disk の 2 つのカテゴリのストレージがサポートされます。First Class Disk は vSphere でのみ使用できます。

  • vSphere

    vSphere では、依存型(デフォルト)、独立型パーシステント、独立型非パーシステントの標準ディスクがサポートされます。関連情報については、vRealize Automation Cloud のパーシステント ディスク ストレージで実行できる操作を参照してください。

    仮想マシンを削除すると、そのマシンの依存型および独立型非パーシステント ディスクも削除されます。

    独立型パーシステント ディスクは、仮想マシンを削除しても削除されません。

    依存型、および独立型非パーシステント ディスクは、スナップショットを作成できます。独立型パーシステント ディスクは、スナップショットを作成できません。

  • Amazon Web Services (AWS) EBS

    EBS ボリュームを AWS コンピューティング インスタンスに接続すること、および AWS コンピューティング インスタンスから EBS ボリュームを接続解除することができます。

    仮想マシンを削除すると、その仮想マシンに接続されている EBS ボリュームは接続解除されますが、削除はされません。

  • Microsoft Azure VHD

    接続されたディスクは常にパーシステントです。

    仮想マシンを削除する場合は、接続されたストレージディスクを削除するかどうかを指定します。

  • Google Cloud Platform (GCP)

    接続されたディスクは常にパーシステントです。

    パーシステント ディスクは、仮想マシン インスタンスとは独立して配置されるため、パーシステント ディスクを接続解除または移動することで、インスタンスを削除した後でもデータを保持することができます。

    仮想マシンを削除すると、その仮想マシンに接続されているディスクは接続解除されますが、削除はされません。

関連情報については、vRealize Automation Cloud でのストレージ プロファイルの詳細を参照してください。