クラウド テンプレートの設計者がテンプレートを作成して展開するときに、Cloud Assembly が作業を代行するように、クラウド管理者としてプロジェクトの展開プロセスを自動化することができます。たとえば、特定のカスタム マシン命名パターンを使用してワークロードを展開したり、マシンを特定の Active Directory 組織単位に追加したり、特定の DNS および IP アドレス範囲を使用したりする場合などです。

プロジェクト展開のプロセスを自動化することで、さまざまなデータセンターやクラウド環境で複数のプロジェクトを簡単に管理できるようになります。

ここで示されているすべてのタスクを完了する必要はありません。管理目標に応じて、これらのタスクを併用および適用することをお勧めします。

開始する前に

このチュートリアルでは、インフラストラクチャを構成し、マシンとネットワークを含むクラウド テンプレートを正常に展開しておく必要があります。システムで次の構成がすでに行われていることを確認します。

マシン名のカスタマイズ

このタスクの目的は、開発プロジェクト用に展開されたマシンに、プロジェクトのコストセンター、展開時に選択されたリソース タイプ、および一意性を確保するためにインクリメントされた値に基づいて名前を付けることです。たとえば、DevProject-centos-021 のような名前を付けます。

この例は、命名の要件に合わせて調整できます。

プロジェクトの詳細については、Cloud Assembly プロジェクトの追加と管理を参照してください。

ビデオ アイコン。ビデオへのリンクは、次の文中にあります。 このカスタム命名の例を示すビデオについては、展開用のカスタム命名テンプレートの作成方法を参照してください。

  1. [インフラストラクチャ] > [プロジェクト] の順に選択します。
  2. 既存のプロジェクトを選択するか、新しいプロジェクトを作成します。

    このチュートリアルでは、プロジェクト名は Development Project です。

  3. [作成] をクリックします。
  4. [プロジェクト] 画面でタイルのプロジェクト名をクリックし、プロジェクトを構成できるようにします。
  5. [ユーザー] タブをクリックして、このプロジェクトのメンバーであるユーザーを追加します。
  6. [プロビジョニング] タブをクリックします。
    1. [ゾーン] セクションで、[ゾーンの追加] をクリックし、このプロジェクトのワークロードが展開されている、使用可能なクラウド ゾーンを追加します。
    2. [カスタム プロパティ] セクションで、名前が costCenter、値が DevProject のカスタム プロパティを追加します。カスタム プロパティとカスタム命名のサンプル値が表示されているプロジェクトの [プロビジョニング] タブ

    3. [カスタム命名] セクションで、次の命名テンプレートを追加します。
      ${resource.costCenter}-${resource.installedOS}-${###}

      ${resource.installedOS} は、クラウド テンプレートを展開するときに選択されたオペレーティング システムに基づきます。

  7. [保存] をクリックします。
  8. オペレーティング システム タイプの入力値を使用して、クラウド テンプレートを更新します。

    入力値を使用すると、ユーザーの展開申請フォームのカスタマイズや、開発プロセスの簡素化を直接行うことができます。入力値を作成することで、単一のクラウド テンプレートを使用して、さまざまな構成のワークロードを展開できるようになります。例としては、サイズやオペレーティング システムなどがあります。

    この例では、前のチュートリアルの開発テンプレートを使用します。手順 5:基本的なクラウド テンプレートを設計して展開するを参照してください。

    1. [デザイン] を選択し、開発テンプレートを開きます。
    2. [コード] ペインで、次の変更を加えて YAML を更新します。
      • Inputs セクションで installedOS を追加します。

        次の手順では、installedOS の入力を使用してイメージを指定することもできます。enum セクションに文字列を追加する場合、値(この例では centos および ubuntu)は、[インフラストラクチャ] > [構成] > [イメージ マッピング] で定義したイメージ名と一致する必要があります。たとえば、イメージ マッピング名が centos ではなく CentOS の場合、入力セクションでは CentOS を使用する必要があります。

        inputs: 
          installedOS:
            type: string
            title: OS Type
            description: Select the operating system.
            enum: 
              - centos
              - ubuntu
        
      • Cloud_vSphere_Machine_1 セクションで、image を installedOS の入力パラメータ (${input.installedOS}) に更新し、同じ入力パラメータを持つ installedOS カスタム プロパティを追加します。
        resources:
          Cloud_vSphere_Disk_1:
            type: Cloud.vSphere.Disk
            properties:
              capacityGb: 1
          Cloud_vSphere_Machine_1:
            type: Cloud.vSphere.Machine
            properties:
              image: ${input.installedOS}
              installedOS: ${input.installedOS}
              flavor: small
              networks:
                - network: '${resource.Cloud_NSX_Network_1.id}'
              attachedDisks:
                - source: '${resource.Cloud_vSphere_Disk_1.id}'
          Cloud_NSX_Network_1:
            type: Cloud.NSX.Network
            properties:
              networkType: existing
    3. [展開] をクリックし、名前として「Custom name deployment test」を入力します。
    4. [次へ] をクリックします。
    5. ドロップダウン メニューで [centos] オペレーティング システムを選択します。
      [展開] ダイアログ ボックスの展開入力セクション。入力には、オプションが含まれているドロップダウン メニューなどを使用します。
    6. [[展開]] をクリックします。
  9. 進行状況を追跡し、展開が成功したことを確認します。
    この例のマシン名は DevProject-centos-026 です。この例は、このタスクの最初に参照されているチュートリアルに基づいています。
    マシンのカスタム名が表示されている [展開の詳細] の [トポロジ] タブ。

Active Directory マシン レコードの作成

ワークロードをプロビジョニングするときに、Active Directory にマシン レコードを作成できます。このタスクを自動実行してプロジェクトを展開するように Cloud Assembly を構成することで、クラウド管理者としてのワークロードを軽減することができます。

  1. Active Directory 統合を追加します。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択します。

      これらの手順では、この Active Directory マシン レコードのチュートリアルに関連する基本的な Active Directory 構成について説明します。Active Directory 統合の詳細については、Cloud Assembly で Active Directory 統合を作成する方法を参照してください。

    2. [統合の追加] をクリックして、[Active Directory] をクリックします。
      ベース DN 値として ou=AppDev,dc=cmbu,dc=local が表示されている Active Directory の [サマリ] タブ
    3. この統合に使用する名前を入力します。
    4. [LDAP ホスト/IP アドレス] と関連する認証情報を入力します。
    5. [ベース DN] を入力します。

      このチュートリアルでは、ou=AppDev,dc=cmbu,dc=local のように入力します。AppDev は、プロジェクトに追加するコンピュータの OU の親 OU です。

    6. [追加] をクリックします。
  2. 統合にプロジェクトを追加します。
  3. Active Directory 統合で、[プロジェクト] タブをクリックし、[プロジェクトの追加] をクリックします。
    相対的な DN 値として ou=AppDev-Computers が表示されている Active Directory 統合の [プロジェクトの追加] ダイアログ ボックス
    1. アプリケーション開発プロジェクトを選択します。
    2. 相対的な DN を入力します。たとえば、OU=AppDev-Computers のように入力します。
    3. [オーバーライド] と [無視] のスイッチはオフのままにします。

      この手順は、プロジェクトのプロセスを自動化することに重点を置いています。テンプレートで実行できるカスタマイズに関する手順ではありません。

    4. [追加] をクリックします。
  4. 統合に変更内容を保存するには、[保存] をクリックします。
  5. プロジェクトのクラウド テンプレートを展開し、マシンが正しい Active Directory OU に追加されていることを確認します。

ネットワーク DNS と内部 IP アドレス範囲の設定

ネットワーク プロファイルを追加または更新して、DNS サーバと内部 IP アドレス範囲を含めます。

vSphere、NSX-V、または NSX-T 用のクラウド アカウントがすでに作成されている必要があります。チュートリアル:Cloud Assembly での vSphere インフラストラクチャおよび展開のセットアップとテストまたはCloud Assembly へのクラウド アカウントの追加を参照してください。

  1. [インフラストラクチャ] > [構成] > [ネットワーク プロファイル] を選択します。
  2. 既存のプロファイルを選択するか、プロファイルを作成します。
  3. [サマリ] タブで [アカウント/リージョン] を選択し、名前を入力します。

    このチュートリアルでは、ネットワーク プロファイル名は Network Profile です。

  4. ネットワークを追加します。
    1. [ネットワーク] タブをクリックします。
    2. [ネットワークの追加] をクリックします。
    3. 1 つ以上の NSX または vSphere ネットワークを追加します。
    4. [追加] をクリックします。
  5. DNS サーバを構成します。
    1. [ネットワーク] タブのネットワーク リストで、ネットワーク名をクリックします。
      ネットワーク名が強調表示されている [ネットワーク] タブ。
    2. このネットワークで使用する DNS サーバの IP アドレスを入力します。
      DNS サーバと DNS 検索ドメインおよびサンプル データが表示されているネットワーク構成ダイアログ ボックス。DNS サーバの Signpost ヘルプが開き、製品内のユーザー サポートに関するリマインダとして使用できます。
    3. [保存] をクリックします。
  6. ネットワークの IP アドレス範囲を指定します。
    1. ネットワーク リストで、ネットワーク名の横にあるチェック ボックスを選択します。
      [ネットワーク] タブが選択されているネットワーク プロファイル。ネットワークが選択され、[IP アドレス範囲の管理] ボタンが強調表示されています。
    2. [IP アドレス範囲の管理] をクリックします。
    3. [IP アドレス範囲の管理] ダイアログ ボックスで、[新規 IP アドレス範囲] をクリックします。
      [新規 IP アドレス範囲] ダイアログ ボックス。このタスクのサンプル データが含まれています。
    4. 名前を入力します。

      たとえば、「DevProject Range」のように入力します。

    5. 範囲を定義するには、[開始 IP アドレス][終了 IP アドレス] を入力します。
    6. [追加] をクリックします。
    7. 範囲を追加するか、[閉じる] をクリックします。
  7. 構成した関連するネットワーク アカウント/リージョンを含むクラウド ゾーンを、開発プロジェクトに追加します。
  8. プロジェクトのクラウド テンプレートを展開し、マシンが指定した IP アドレス範囲内でプロビジョニングされていることを確認します。