この手順では、ネットワーク マシン コンポーネントを vRealize Automation Cloud のクラウド テンプレート キャンバスにドラッグし、隔離されたネットワーク環境の設定をターゲットの VMware Cloud on AWS 環境に追加します。

以前に作成したクラウド テンプレートにネットワーク隔離を追加します。クラウド テンプレートは、VMware Cloud on AWS 環境への展開をサポートするプロジェクトとクラウド ゾーンのほか、隔離のために設定したネットワーク プロファイルとネットワークにもすでに関連付けられています。

特に指定のない限り、この手順で入力する値は、この例のワークフローでのみ使用します。

前提条件

手順

  1. 以前のワークフローで作成したクラウド テンプレートを開きます。vRealize Automation Cloud で VMware Cloud on AWS 展開をサポートするためのクラウド テンプレート デザインでの vCenter マシン リソースの定義を参照してください。
  2. クラウド テンプレート デザイン画面の左側にあるコンポーネントからキャンバスにネットワーク コンポーネントをドラッグします。
  3. ネットワーク コンポーネントの YAML コードを編集して、太字で示されているように、privateoutbound のどちらかのネットワーク タイプを指定します。
    resources:  Cloud_Network_1:    
                type: Cloud.Network
                properties:
                  name: vmc_isolated      
                  networkType: private      
    

    または

    resources:  Cloud_Network_1:
                type: Cloud.Network
                properties:
                  name: vmc_isolated      
                  networkType: outbound      
    

次のタスク

クラウド テンプレートを展開する、または閉じる準備ができました。