Cloud Assembly で作業している場合は、既存のクラウド プロキシが展開済みである仮想マシンで、そのクラウド プロキシが実行されているかどうかを確認できます。

Cloud Assembly での作業時に、vCenter ベースのクラウド アカウントおよび vCenter ベースの統合との間で通信やデータ収集を行うには、ホスト仮想マシンで実行されている展開済みのクラウド プロキシ サービスが必要です。クラウド プロキシ サービスが実行されていない場合やクラウド プロキシ サービスの展開先のホスト仮想マシンが実行されていない場合には、通信を実行できません。

注:

この手順の代替策として、Cloud Assembly での作業中にクラウド プロキシのステータスをテストすることができます。それには、[インフラストラクチャ] > [クラウド プロキシ] の順に選択し、ドロップダウン アクション メニューから [ステータス] をクリックします。

前提条件

手順

  1. 次のいずれかの方法を使用して、クラウド プロキシが展開されている仮想マシンにログインします。
    • 仮想マシンの IP アドレス
    • 仮想マシンへの SSH
    • vSphere Web Client のインタラクティブ ウィンドウ
    ログイン後、外部ネットワーク接続セクションの URL が Connected として表示されます。

    クラウド プロキシ仮想マシンへのログインに成功したときの画面

    外部ネットワーク接続セクションの URL が Connection Failed として表示されている場合は、仮想マシンがインターネットに接続されていることと、URL が使用可能であることを確認してください。
    • ホワイトリストに登録されている URL を表示するには、次のコマンドを実行します。

      bash /data-collector-status --requiredUrls

    • URL にアクセスできるかどうかをテストするには、次のコマンドを実行します。

      bash /data-collector-status --traceroute

  2. 仮想アプライアンスで実行されているすべてのコンテナのステータスを表示するには、コマンド ウィンドウを開き、次のコマンドを実行します。

    sh /data-collector-status --containers

    次のような出力が表示されます。

    #################################################################
                  VMware Cloud Services Data Collector               
                               Status Page                           
                                (Detailed)                           
                                                                     
    -----------------------Running Containers------------------------
    CONTAINER ID        IMAGE                                                                         NAMES                           CREATED             STATUS
    5ae006245dca        symphony-docker-external.jfrog.io/vmware/tango-vro-agent:486                  vro-agent                       About an hour       Up About an hour
    a6164d68a6c3        symphony-docker-external.jfrog.io/vmware/cloudassembly-cmx-agent:223          cloudassembly-cmx-agent         7 hours             Up 7 hours
    b05cc6b7f240        symphony-docker-external.jfrog.io/symphony/codestream-lemans-agent:150        codestream-lemans-agent         29 hours            Up 29 hours
    832d24c7b603        symphony-docker-external.jfrog.io/vmware/cloudassembly-sddc-agent:36eb79eb5   cloudassembly-sddc-agent        29 hours            Up 29 hours
    14812ac95571        symphony-docker-external.jfrog.io/symphony/cloudassembly-blueprint-agent:14   cloudassembly-blueprint-agent   29 hours            Up 29 hours
    
  3. 仮想マシンでクラウド プロキシ サービスが実行されているかどうかを確認するには、次のコマンドを実行します。

    systemctl status rdc-proxy

    サービスが実行されている場合、結果は次のようになります。

    クラウド プロキシ サービスが実行されていることを示す

  4. サービスが実行されていない場合は、次のコマンドを入力してサービス ログを確認します。

    vi/data1/proxylogs/va-remote-proxy.0.log

    次のような startup:true 行を探します。

    startup:true 行の確認

    関連するログには次のものがあります。
    • /data1/*
    • /usr/local/bin/proxy.properties
    • /opt/vmware/var/log/firstboot
    • /opt/vmware/var/log/subsequentboot
  5. クラウド プロキシ サービスを再起動するには、[再起動] オプションを選択します。

    再起動プロセスによって接続が再確立されるまで、約 5 分かかります。