vRealize Automation Cloud Cloud で GitHub Enterprise との統合を作成することにより、GitHub Enterprise を使用してスクリプト、テンプレート、およびその他のアイテムを管理することができます。

アクション、クラウド テンプレート、Terraform の 3 種類のコンテンツを vRealize Automation Cloud GitHub Enterprise 統合と同期できます。また、自己署名証明書がある場合は PEM ファイルを使用できます。

前提条件

  • 有効な GitHub Enterprise 展開にアクセスできる必要があります。個人認証トークンなどが該当します。
  • 1 つ以上の適切な vRealize Automation Cloud プロジェクトにアクセスできる必要があります。

手順

  1. Cloud Assembly で[インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択して、[統合の追加] をクリックします。
  2. GitHub Enterprise を選択します。
  3. 統合の [名前][説明] を入力します。
  4. 適切な GitHub Enterprise 認証情報を入力します。
    • GitHub Enterprise サーバの [サーバ URL] を入力します。
    • GitHub Enterprise サーバの [トークン] を入力します。
    • 統合に適した [実行環境] を入力します。
  5. [検証] をクリックして、統合のサーバ接続を確認します。
  6. タグ付け方法をサポートするためにタグを追加する必要がある場合は、機能タグを入力します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

結果

GitHub Enterprise 統合が作成されます。

次のタスク

基本的な統合を構成したら、統合を 1 つ以上の vRealize Automation Cloud プロジェクトに関連付けて、統合で使用するリポジトリを 1 つ以上追加できます。前述のとおり、クラウド テンプレート、アクションベース スクリプト、Terraform 構成の 3 種類のリポジトリを追加できます。

  1. Cloud Assembly で、[インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に選択し、GitHub Enterprise 統合の統合画面を開きます。
  2. 統合画面の [プロジェクト] タブをクリックします。
  3. [プロジェクトの追加] をクリックしてダイアログを開くと、vRA プロジェクトを選択して目的のプロジェクトを選択できるようになります。
  4. [リポジトリの追加] ボタンをクリックして、ストレージ リポジトリを追加します。
    1. 追加するリポジトリの [タイプ] を選択します。
    2. 追加する [リポジトリ] のパスを選択します。
    3. 追加するリポジトリの [ブランチ] を選択します。
    4. 追加するリポジトリの [フォルダ] を選択します。
  5. 1 つ以上のリポジトリを追加したら、[同期] ボタンをクリックしてリポジトリ データを同期します。

指定したリポジトリ構成を使用して GitHub Enterprise 統合が構成され、構成されたリポジトリに含まれる ABX アクションとクラウド テンプレートを表示および操作できるようになります。GitHub Enterprise 統合にプロジェクトを追加すると同期操作が実行されて、指定したリポジトリから ABX アクション スクリプトとクラウド テンプレート ファイルの最新バージョンが取得されます。GitHub Enterprise 統合画面の [履歴] タブには、統合のために実行されたすべての同期操作の履歴が表示されます。デフォルトでは、ファイルは 15 分ごとに自動的に同期されますが、ファイルを選択して [同期] をクリックすることにより、いつでも手動でファイルを同期できます。

ABX アクションは vRealize Automation Cloud Cloud Assembly 拡張性画面で、クラウド テンプレートはデザイン画面で操作できます。vRealize Automation Cloud Cloud Assembly の [拡張性] 領域で ABX アクションの変更後のバージョンを保存すると、新しいバージョンのスクリプトが作成され、リポジトリに書き戻されます。