ログを vRealize Log Insight Cloud に転送するように、vRealize Orchestrator およびオンプレミスの拡張性アクションに使用されるクラウド拡張性プロキシを構成することができます。

クラウド拡張性プロキシからログを転送すると、ログのローテーションで許可されている期間よりも長い間ログのメッセージを保持して、vRealize Orchestrator 展開のトラブルシューティングを行うなどのシナリオで役立ちます。

前提条件

手順

  1. SSH を使用して、クラウド拡張性プロキシの仮想アプライアンス コマンド ラインに root としてログインします。
  2. 次のコマンドを実行して、ログをオンプレミスの vRealize Log Insight インスタンスに転送するように、クラウド拡張性プロキシ仮想アプライアンスの vRealize Log Insight エージェントを構成します。
    vracli vrli set <log_insight_on_prem_hostname>
  3. ログをクラウド プロキシに転送するようにオンプレミスの vRealize Log Insight インスタンスを構成します。
    1. オンプレミスの vRealize Log Insight インスタンスにログインします。
    2. [管理] > [ログ管理] の順に移動し、[ログ転送] に移動し、[新しい宛先の作成] をクリックします。
    3. ホスト アドレスには、クラウド プロキシの展開時に使用する IP アドレスを入力します。
    4. ログをフィルタリングする入力クエリを転送する必要があることを指定します。
    5. ログ転送の構成を保存します。

結果

クラウド拡張性プロキシ仮想アプライアンスのログが vRealize Log Insight Cloud に表示されるようになりました。