vRealize Automation Cloud に外部 IP アドレス管理統合ポイントを定義する前に、IP アドレス管理プロバイダと vRealize Automation Cloud の仲介として機能する実行環境を作成するか、既存の実行環境にアクセスする必要があります。実行環境は、通常、Amazon Web Services または Microsoft Azure クラウド アカウントか、クラウド拡張性プロキシに関連付けられたオンプレミスのアクションベース拡張統合ポイントです。

外部 IP アドレス管理の統合には、実行環境が必要です。IP アドレス管理統合ポイントを定義する場合は、使用可能な実行環境を指定して、Cloud Assembly と IP アドレス管理プロバイダの間の接続を作成します。

IP アドレス管理の統合では、ダウンロードされたプロバイダ固有のスクリプトまたはプラグインのセットを実行環境で使用します。これにより、環境は Amazon Web Services Lambda、Microsoft Azure 機能などの FaaS (Feature-as-a-Services) プロバイダ、またはクラウド拡張性プロキシに関連付けられているオンプレミスのアクションベースの拡張性 (ABX) 統合ポイントによって簡素化されます。実行環境を使用して、外部 IP アドレス管理プロバイダ(Infoblox など)に接続します。

注: Infoblox IP アドレス管理統合ポイントには、 vCenter Server の展開済みクラウド拡張性プロキシに関連付けられたオンプレミスのアクションベースの拡張性 (ABX) ポイントが必要です。
各タイプのランタイム環境には、次のような長所と短所があります。
  • アクションベースの拡張性 (ABX) の統合ポイント:
    • 無償、追加のベンダー使用コストなし。
    • パブリックにアクセスできない NAT/ファイアウォールの背後にあるオンプレミス データセンター上の IP アドレス管理ベンダー アプライアンス(例:Infoblox)に接続できる。
    • 市販のクラウド ベンダーよりも低速で、パフォーマンスの信頼性がやや低い。
    • クラウド拡張性プロキシに関連付けられている必要がある。
  • Amazon Web Services
    • ベンダー FaaS 接続/使用量コストが関連付けられている。
    • パブリックにアクセスできない NAT/ファイアウォールの背後にあるオンプレミス データセンター上の IP アドレス管理ベンダー アプライアンスに接続できない。
    • 高速で信頼性の高いパフォーマンスを持つ。
    • クラウド拡張性プロキシに関連付けられておらず、必要としない。
  • Microsoft Azure
    • ベンダー FaaS 接続/使用量コストが関連付けられている。
    • パブリックにアクセスできない NAT/ファイアウォールの背後にあるオンプレミス データセンター上の IP アドレス管理ベンダー アプライアンスに接続できない。
    • 高速で信頼性の高いパフォーマンスを持つ。
    • クラウド拡張性プロキシに関連付けられておらず、必要としない。

前提条件

手順