Infoblox プロバイダ パッケージ (infoblox .zip) を Infoblox Web サイトまたは VMware Marketplace のいずれかからダウンロードおよび展開して vRealize Automation Cloud との統合を実行するには、Infoblox の必要な拡張属性を追加する必要があります。

この手順は、Cloud Assembly との Infoblox 統合用に外部 IP アドレス管理統合ポイントを作成している場合に適用可能です。

infoblox.zip のダウンロードを使用するには、組織アカウント管理者の認証情報を使用して Infoblox アカウントにログインし、次の Infoblox 拡張属性を事前に作成する必要があります。
  • VMware NIC index
  • VMware resource ID

前提条件

手順

  1. 管理者の認証情報を使用して、Infoblox アカウントにログインします。
    これらは、 [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] > [] のメニュー シーケンスを使用して Cloud Assembly で外部 IP アドレス管理統合ポイントを作成した際に指定した管理者ユーザー名とパスワード認証情報と同じものです。
  2. Infoblox のドキュメントに記載されている手順を使用して、Infoblox アプリケーションに次の必要な拡張属性を作成します。
    • VMware NIC index - 整数型
    • VMware resource ID - 文字列型

    この手順は、Infoblox ドキュメントのトピックAbout Extensible Attributesの「Adding Extensible Attributes」セクションで説明されています。また、Managing Extensible Attributesも参照してください。

次のタスク

必要な属性を追加した後、vRealize Automation Cloud で使用するための外部 IP アドレス管理プロバイダ パッケージのダウンロードと展開で説明されている手順に基づいて Infoblox パッケージのダウンロードと展開のプロセスを再開できます。