プロジェクトを作成し、そこにメンバーとクラウド ゾーンを追加すると、プロジェクト メンバーは関連付けられたゾーンにクラウド テンプレートを展開できるようになります。Cloud Assembly 管理者が開発チームのプロジェクトを作成します。その後、プロジェクト管理者を割り当てるか、自身がプロジェクト管理者として運用します。

クラウド テンプレートを作成する場合は、まず、それを関連付けるプロジェクトを選択します。このプロジェクトは、クラウド テンプレートを作成する前に設定する必要があります。

プロジェクトが開発チームのビジネス ニーズをサポートしていることを確認します。

  • プロジェクトは、チームの目標をサポートするリソースを提供しているか。インフラストラクチャ リソースとプロジェクトによるクラウド テンプレートのサポート方法の例については、チュートリアル:Cloud Assembly でのマルチクラウド インフラストラクチャおよび展開のセットアップとテストを参照してください。
  • プロジェクト メンバーは、展開が共有/プライベートにされることを要求または想定しているか。共有展開は、展開メンバーだけでなく、[展開] 画面のすべてのプロジェクト メンバーが使用できます。展開の共有状態はいつでも変更できます。

    展開をプロジェクト メンバーと共有する場合、メンバーは同じ Day 2 アクションを実行できます。Day 2 アクションを実行するメンバーの機能を管理するために、Service Broker で Day 2 ポリシーを作成できます。ポリシーは Cloud Assembly および Service Broker の展開に適用されます。

    Day 2 ポリシーの詳細については、ポリシーを使用して展開ユーザーに Day 2 アクションの資格を付与する方法を参照してください。

この手順は初期プロジェクトの作成に基づいており、基本的な設定のみが含まれます。開発チームがクラウド テンプレートを作成および展開するときに、プロジェクトを変更する場合があります。制約、カスタム プロパティ、およびその他のオプションを追加して、展開の効率を向上させることができます。Cloud Assembly プロジェクトの詳細で利用可能な記事を参照してください。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [管理] > [プロジェクト] の順に選択し、[新規プロジェクト] をクリックします。
  2. プロジェクト名を入力します。
  3. [ユーザー] タブをクリックします。
    1. 申請したユーザーのみがプロジェクト メンバーによる展開にアクセスできるようにするには、[展開の共有] をオフにします。展開の所有権をプロジェクトの別のメンバーに確実に割り当てられるようにするには、[展開の共有] がオンになっていることを確認します。
    2. 割り当てられたロールを持つユーザーを追加します。
  4. [プロビジョニング] タブをクリックし、1 つ以上のクラウド ゾーンを追加します。

    プロジェクト ユーザーによって展開されるクラウド テンプレートをサポートするリソースが含まれる、任意のクラウド ゾーンと仮想プライベート ゾーンを追加します。

    各ゾーンでは、ゾーンの優先順位を設定できます。また、プロジェクトで使用できるリソースの量を制限することもできます。制限できるものには、インスタンス、メモリ、および CPU の数があります。vSphere クラウド ゾーンの場合のみ、vSphere 仮想マシン テンプレートに基づいて展開されるリソースに対してストレージ制限を設定できます。ストレージ制限は、展開が要求されたとき、およびディスクのサイズ変更、起動ディスクのサイズ変更、ディスクの削除、カウントの更新の各アクションを使用する変更が行われたときに評価されます。これらのストレージ制限は、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud Platform などの他のリソース タイプには適用されません。

    各ゾーンを追加して制限を適用する際は、プロジェクト リソースの制限を厳しくしすぎてメンバーがクラウド テンプレートを展開できなくなることがないようにしてください。

    ユーザーが展開の申請を送信すると、その展開をサポートするリソースを持つゾーンを判断するために、ゾーンが評価されます。複数のゾーンが展開をサポートする場合、優先度が評価され、優先度の値が高い(整数値が最も小さい)ゾーンにワークロードが配置されます。

  5. このプロジェクトに対して申請されたワークロードの展開にかかる時間が 2 時間を超える場合は、[Timeout] の値を大きくします。
    デフォルト値は 2 時間です。
  6. [作成] をクリックします。
  7. プロジェクトのクラウド ゾーンでプロジェクトをテストするには、[プロジェクト] 画面で [構成のテスト] をクリックします。
    シミュレーションでは、プロジェクト クラウド ゾーンのリソースに対して、標準化された架空の展開テストが実行されます。失敗した場合は、詳細を確認し、リソース構成を修正します。

次のタスク

クラウド テンプレートの使用を開始します。Cloud Assembly 展開の設計を参照してください。