一部のクラウド アカウントでは、ベンダー アカウントと Cloud Assembly 間の接続を管理するために、クラウド プロキシの展開が必要になります。クラウド プロキシを作成すると、1 つ以上の vCenter Server ベースのクラウド アカウントを管理することができます。また、クラウド プロキシを作成すると、特定の vCenter Server ベースの統合を管理することもできますが、他の統合にはクラウド拡張性プロキシが必要です。

組織が複数の地域に分散している場合、複数のクラウド プロキシを設定してワークロードを分散させることが必要になる場合があります。たとえば、地域、プロジェクト、または展開の目的別にクラウド プロキシを設定することを検討できます。

展開されたクラウド プロキシに関連付けられているクラウド アカウントを追加すると、Cloud Assembly は、ネットワークやマシンのデータなど、そのアカウントに関する情報を収集します。

クラウド プロキシは、クラウド アカウントの作成前またはクラウド アカウントの作成中に構成することができます。一般的には、最初に特定の vCenter Server でクラウド プロキシを構成してから、クラウド アカウントの作成時に既存のクラウド プロキシを選択します。

クラウド プロキシの関連情報については、Cloud Assembly へのクラウド アカウントの追加を参照してください。クラウド プロキシの動作の詳細については、VMware Cloud Services クラウド プロキシについてを参照してください。

この手順で入力する値は、一例です。手順に特別に記載がある場合を除き、環境内でそのまま使用することはできません。