クラウド アカウント リージョンには、クラウド管理者が vRealize Automation Cloud のリージョンにストレージを定義できるストレージ プロファイルが含まれます。

ストレージ プロファイルの機能

ストレージ プロファイルには、ディスクのカスタマイズ、および機能タグによってストレージの種類を識別する手段が含まれます。その後、タグは、展開時に目的のストレージを作成するために、プロビジョニング サービス要求の制約と照合されます。

ストレージ プロファイルは、クラウド固有のリージョンの下に編成されます。1 つのクラウド アカウントに、それぞれに複数のストレージ プロファイルを持つ複数のリージョンがある場合があります。

ベンダーに依存しない配置が可能です。たとえば、3 つの異なるベンダー アカウントを持っており、それぞれにリージョンがある場合が考えられます。各リージョンには、fast というタグが付けられた機能を持つストレージ プロファイルが含まれます。プロビジョニング時に、fast ハード制約タグを含む要求は、リソースを提供しているベンダー クラウドに関係なく、一致する fast の機能を検索します。次に、一致する内容によって、展開されたストレージ アイテムの作成時に、関連付けられたストレージ プロファイルからの設定が適用されます。

注: クラウド ストレージが異なると、パフォーマンス特性が異なる場合がありますが、タグ付けした管理者によって提供される fast が考慮されます。

ストレージ プロファイルに追加する機能タグは、実際のリソース ターゲットを識別しないようにする必要があります。代わりに、ストレージの種類を記述します。実際のリソースの詳細については、vRealize Automation Cloud のストレージ リソースを参照してください。

デフォルトのプロビジョニング タイプ

ストレージ プロファイルのプロビジョニング タイプは、デフォルトの動作のみを決定します。この設定は必ずしも配置に影響するわけではなく、クラウド テンプレート内のプロパティによってオーバーライドされることがあります。

たとえば、ストレージ プロファイルでシン プロビジョニングを設定した場合です。ほとんどの場合、申請によってシン プロビジョニング ストレージがデフォルトで作成されます。しかし、クラウド テンプレートの provisioningType プロパティが eager-zero に設定されていると、クラウド テンプレートは thin というデフォルトをオーバーライドします。

注: 細かい制御が必要な場合は、目的のプロビジョニング タイプのラベルを付けた機能タグと制約タグを追加することを推奨します。

プロビジョニング タイプのデフォルトでは、クラウド テンプレートのプロパティはストレージ プロファイルのデフォルトをオーバーライドし、ストレージ プロファイルのデフォルトは vCenter Server ストレージ ポリシーのデフォルトをオーバーライドします。

マシンでのディスク割り当て

それぞれ異なるクラウド アカウントに属する複数のクラウド ゾーンを含むプロジェクトでは、ディスクがマシンに接続されていない場合でも、ディスクはマシンに従います。この動作により、リソースは常に一体化され、後でディスクを接続する場合に障害を防止できます。

たとえば、次のデザインは機能しません。クラウド テンプレートは位置の制約を使用してディスクの分離を試行しますが、展開からは No matching placement エラーが返されます。

ディスクを別のクラウド アカウントに配置する必要がある場合は、別の環境を使用してディスクを展開します。

resources:
  Machine1:
    type: Cloud.vSphere.Machine
      properties:
        image: ubuntu
        flavor: small
        constraints:
          - tag: 'location:siteA'
  Disk1:
    type: Cloud.vSphere.Disk
      properties:
        capacityGb: 1
        constraints:
          - tag: 'location:siteB'

First Class Disk と標準ディスク

ストレージ プロファイル画面の [ディスク タイプ] オプション、または vRealize Automation Cloud API を使用して、First Class Disk (FCD) または標準ディスクによるストレージをサポートするストレージ プロファイルを作成できます。 実際には、First Class Disk のオプションでは vSphere ストレージ プロファイルが作成されます。

Azure サーバ側でのディスク暗号化

Azure リソースに関して、管理対象ディスク ストレージ プロファイルで暗号化をサポートする場合は、関連付けられたキーを使用するディスク暗号化も選択します。使用可能な暗号化とキーは、それぞれの場所の Azure で設定されているディスク暗号化セットに基づきます。

Azure のディスク暗号化セット