この手順では、vRealize Automation CloudVMware Cloud on AWS クラウド アカウントを作成します。

関連情報については、VMware Cloud on AWS のドキュメントを参照してください。

特に指定のない限り、この手順で入力する値は、この例のワークフローでのみ使用します。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択します。
  2. [クラウド アカウントの追加] をクリックし、VMware Cloud on AWS を選択して、値を入力します。

    次の表に、サンプルの値とサポート情報を示します。

    設定 サンプル値と指示 説明
    VMC API トークン
    1. [VMC API トークン] 行の最後にある i ヘルプ アイコンをクリックし、[ヘルプ] テキスト ボックスの [API トークン ページ] をクリックして、組織の [マイ アカウント] 画面で [API トークン] タブを開きます。
    2. [トークンを生成] をクリックして、[新しい API トークンの生成] オプションを表示します。
    3. myinitials_mytoken などの新しいトークン名を入力します。
    4. [トークン TTL][無期限] に設定します。

      有効期限が切れるように設定されたトークンを作成した場合、トークンの有効期限が切れると、vRealize Automation CloudVMware Cloud on AWS 操作は停止し、新しいトークンを使用してクラウド アカウントを更新するまで停止したままになります。

    5. [範囲の定義] セクションで、[すべてのロール] を選択します。

    6. [生成] をクリックします。
    7. [生成されたトークン] 画面で、[コピー] をクリックしてから [続行] をクリックします。
    8. [新しいクラウド アカウント] 画面に戻り、コピーしたトークンを [VMC API トークン] 行に貼り付け、[API トークンの適用] をクリックします。

      コピーした API トークンを貼り付け、[API トークンの適用] をクリックします。

    リンクされた [API トークン] 画面で、新しいトークンを作成したり、組織の既存のトークンを使用できます。

    [範囲の定義] セクションで、API トークンに最低限必要なロールは次のとおりです。
    • [組織のロール]
      • [組織のメンバー]
      • [組織の所有者]
    • [サービス ロール - VMware Cloud on AWS]
      • [管理者]
      • [NSX Cloud 管理者]
      • [NSX Cloud 監査者]
    注: 生成されたトークンをコピー、ダウンロード、または印刷します。この画面から離れると、生成されたトークンを取得できなくなります。

    生成されたトークンまたは指定されているトークンを適用して、組織の VMware Cloud on AWS サブスクリプションで使用可能な SDDC 環境に接続し、SDDC 名のリストをポピュレートします。

    vRealize Automation Cloud および VMware Cloud on AWS のサービスが異なる組織にある場合は、VMware Cloud on AWS 組織に切り替えてからトークンを生成する必要があります。

    API トークンの詳細については、API トークンの生成を参照してください。

    SDDC 名

    この例では、[Datacenter:Datacenter-abz] を選択します。

    有効な SDDC 名によって、vCenter および NSX-T の FQDN エントリが自動入力されます。クラウド プロキシがすでに SDDC に展開されている場合は、このクラウド プロキシの値も自動的に入力されます。

    VMware Cloud on AWS サブスクリプションで使用可能な SDDC のリストから選択します。SDDC のリストは、VMware Cloud on AWS API トークンに基づいています。

    NSX-V SDDC は vRealize Automation Cloud でサポートされていないため、使用可能な SDDC のリストに表示されません。

    vCenter の IP アドレスまたは FQDN

    アドレスは、SDDC の選択に基づいて自動入力されます。

    指定された SDDC 内の vCenter Server IP アドレスまたは FQDN を入力します。

    IP アドレスのデフォルトは、プライベート IP アドレスです。SDDC へのアクセスに使用されているネットワーク接続のタイプによっては、デフォルトのアドレスが、指定した SDDC 内の NSX Manager サーバの IP アドレスと異なる場合があります。

    NSX Manager の IP アドレス/FQDN

    アドレスは、SDDC の選択に基づいて自動入力されます。

    指定された SDDC 内の NSX Manager の IP アドレスまたは FQDN を入力します。

    IP アドレスのデフォルトは、プライベート IP アドレスです。SDDC へのアクセスに使用されているネットワーク接続のタイプによっては、デフォルトのアドレスが、指定した SDDC 内の NSX Manager サーバの IP アドレスと異なる場合があります。

    VMware Cloud on AWS クラウド アカウントは NSX-T をサポートしています。

    vCenter ユーザー名とパスワード

    ユーザー名は cloudadmin@vmc.local として自動入力されます。

    デフォルトと異なる場合は、指定した SDDC の vCenter Server ユーザー名を入力します。

    指定するユーザーには、CloudAdmin 認証情報が必要です。CloudGlobalAdmin 認証情報は必要ありません。

    ユーザー パスワードを入力します。

    クラウド プロキシ

    [vCenter1_vmc_va.ova] を選択します。

    これは、以前に vRealize Automation Cloud での VMware Cloud on AWS クラウド アカウント用クラウド プロキシの作成および展開 に展開したサンプル クラウド プロキシの名前です。

    検証

    [検証] をクリックします。

    Error updating endpoint <名前>: Endpoint already exists が表示された場合、クラウド アカウントはすでにその SDDC に関連付けられています。

    検証では、指定された vCenter へのアクセス権と、vCenter が実行されていることを確認します。

    名前と説明

    クラウド アカウント名に OurCo-VMC を入力します。

    クラウド アカウントの説明に、Sample deployment for VMC を入力します。

    これらのデータセンターへのプロビジョニングを許可

    この情報は読み取り専用です。

    指定した VMware Cloud on AWS SDDC 環境のデータセンターを一覧表示します。

    クラウド ゾーンの作成

    チェックボックスを選択解除します。この例では、ワークフローの後半でクラウド ゾーンを作成します。

    Cloud Assembly クラウド ゾーンの詳細情報を参照してください。

    機能タグ

    空のままにします。このワークフローでは、機能タグは使用しません。

    組織のタグ ストラテジで説明するようにタグを使用します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

    vSphere に展開した仮想マシンと同様に、VMware Cloud on AWS に展開する仮想マシンに対してマシン タグを構成できます。初期展開の後でマシン タグを更新することもできます。vRealize Automation Cloud でこれらのマシン タグを使用することで、展開の際に仮想マシンを適切な NSX-T セキュリティ グループに動的に割り当てることができます。関連情報については、vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートのセキュリティ グループおよびタグ リソースの詳細を参照してください。

  3. [追加] をクリックします。

結果

マシンやボリュームなどのリソースは、VMware Cloud on AWS SDDC データセンターから収集され、vRealize Automation Cloud[インフラストラクチャ] タブの [リソース] セクションに一覧表示されます。

次のタスク

vRealize Automation Cloud での VMware Cloud on AWS 展開用のクラウド ゾーンの作成