Cloud Assembly を使用して、拡張性アクションのリモート バージョン管理を有効にすることができます。

リモートの GitHub または GitLab リポジトリとの統合を作成することで、 Cloud Assembly 拡張性アクションのバージョン履歴を管理できます。

また、Git を使用して Cloud Assembly クラウド テンプレートを管理することもできます。Git 統合と Cloud Assembly クラウド テンプレートの使用の詳細については、Cloud Assembly での GitLab クラウド テンプレート統合の設定およびCloud Assembly で GitHub との統合を設定するを参照してください。

前提条件

  • 既存の GitHub または GitLab リポジトリ。
  • GitHub または GitLab インスタンスに適用可能なアクセス トークンを抽出します。GitHub アクセス トークンの生成の詳細については、GitHub のドキュメントを参照してください。GitLab アクセス トークンの生成の詳細については、GitLab のドキュメントを参照してください。

手順

  1. Cloud Assembly で Git 統合を作成します。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] > [統合の追加] の順に選択します。
    2. [GitHub] または [GitLab] を選択します。
    3. 統合の名前と説明を入力します。
    4. サーバの URL を入力します。
    5. Git インスタンスのアクセス トークンを入力します。
    6. [検証] をクリックします。
    7. (オプション) 機能タグを追加します。詳細については、Cloud Assembly での機能タグの使用を参照してください。
    8. [追加] をクリックします。
  2. リポジトリを Git 統合に追加します。
    1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] の順に移動して、作成済みの Git 統合を選択します。
    2. [プロジェクト] タブを選択します。
    3. [プロジェクトの追加] をクリックします。
    4. 拡張性プロジェクトを選択し、[次へ] をクリックします。
    5. Git リポジトリへのパスを入力します。通常、パスはリポジトリ名に結び付けられている主アカウントのユーザー名です。
    6. 使用する Git リポジトリのブランチを入力します。
    7. (オプション) 適切なフォルダを入力します。このテキスト ボックスを空白のままにすると、すべてのフォルダが使用可能になります。
    8. [タイプ] ドロップダウン メニューで、[アクション ベースのスクリプト] を選択します。
    9. リポジトリの追加を完了するには、[次へ] をクリックします。

結果

プロジェクト内の拡張性アクションに対する変更は、統合 Git リポジトリに保存されます。

注: 統合 Git リポジトリに直接プッシュされた拡張性アクションまたはアクション スクリプトに対する変更は、 Cloud Assembly の拡張性アクション バージョン履歴によって自動的に検出されます。