管理者は、複数のクラウド ゾーンが展開ターゲット ゾーンとして使用できるプロジェクトに対して、配置ポリシーを定義できます。たとえば、設定された優先順位に基づいてクラウド テンプレートを展開するようにプロジェクトを設定することが考えられます。または、仮想マシンとホストの比率が最適になるように、複数のゾーン間でリソース展開のバランスを取ることもできます。

割り当てに関する考慮事項

デフォルトまたは Spread 配置ポリシーの場合。

  • 展開するユーザーがメンテナンス モード中のクラウド アカウントを管理する権限を持っている場合、割り当てプロセスではメンテナンス モード中のクラウド アカウントを選択できます。これは、ユーザーがメンテナンス ウィンドウを閉じる前にテスト展開を実行する必要がある場合を考慮しています。
  • ユーザーにクラウド アカウントを管理する権限がない場合、メンテナンス モード中のクラウド アカウントは割り当てプロセスから除外されます。
  • メンテナンス モード中のホストは、スプレッド比率の一部としてカウントされます。メンテナンス中のホストを比率計算から除外するには、電源状態をオフに設定する必要があります。

Spread ポリシーの場合。

  • 比率はホストに基づいて計算されます。ホストは、スタンドアローンとクラスタの一部のどちらでも構いません。
  • スタンドアローン ホストがパワーオフ状態のときは、比率の一部としてカウントされません。
  • クラスタの一部であるホストがパワーオフ状態のときは、パワーオフ状態がクラスタに反映されないため、比率を計算するときにそのホストは考慮されます。

配置ポリシーの設定方法

展開のターゲットとして同等に使用できる複数のクラウド ゾーンがプロジェクト内にある場合、展開申請では、[配置ポリシー] をどのように構成したかに基づいて配置先が評価されます。

  1. [インフラストラクチャ] > [プロジェクト] の順に選択して、プロジェクトを作成または選択します。
  2. プロジェクトで、[プロビジョニング] タブをクリックします。
  3. ポリシーを選択します。
    配置ポリシー 説明
    デフォルト

    要求されたリソースを、要件に一致する最初のクラウド ゾーンに展開します。

    優先順位に基づいてワークロードを展開し、ホスト上のすべてのリソースが使用されないことを許容する場合は、[デフォルト] を選択します。

    このオプションを選択すると、[仮想マシン] と [ホスト] の値は取得されません。

    spread

    ホストあたりの仮想マシン数が最も少ないクラウド ゾーンに、要求されたリソースを展開します。

    ホスト間でワークロードを分散して、リソースをホスト間で幅広く利用する場合は、[spread] を選択します。

    このオプションを選択すると、仮想マシンとホストの数がクラウド ゾーンのリソースから取得され、評価されます。

  4. [保存] をクリックします。

ポリシーの適用方法の確認

プロジェクト レベルの配置ポリシーを構成した後、システムによるクラウド テンプレートの展開が予定される場所をプロビジョニング図で確認できます。

  1. [デザイン] > [クラウド テンプレート] の順に選択し、ポリシーの選択先のプロジェクトを使用するテンプレートを選択または構成します。
  2. [テスト] をクリックします。
  3. テストが正常に完了したら、テスト結果で [プロビジョニング図] をクリックします。
  4. 図は、2 つの例のいずれかと形式が類似しています。
    ポリシー タイプ プロビジョニング図
    デフォルト デフォルト ポリシーが強調表示され、仮想マシンとホストの値がゼロのプロビジョニング図のスクリーンショット。
    spread spread ポリシーが強調表示され、仮想マシンとホストの値が より良い比率を示しているプロビジョニング図のスクリーンショット。
  5. 展開する準備ができたら、クラウド テンプレートに戻り、[展開] をクリックします。

割り当てプロセスでの配置ポリシーの評価

次の図を使用して、割り当てプロセスでポリシーが評価されるタイミングと、ターゲット ゾーンとホストが識別されるタイミングを把握してください。

デフォルトの配置ポリシーまたは Spread 配置ポリシーに基づいて配置がどのように決定されるかを示すワークフロー図。