クラウド管理者は、データ収集によって公開されているコンピューティング リソースを確認できます。

クラウド管理者は、リソースに直接タグを適用するように選択し、vRealize Automation Cloud のプロビジョニングで照合する目的で機能にラベルを付けることができます。