NSX-T のクラウド アカウントを 1 つ以上の vCenter クラウド アカウントに関連付けて、さまざまな展開の目的に対応できます。

同じ既存の NSX-T ネットワークを異なる vCenter Server のネットワーク プロファイルに関連付け、制約に基づいていずれかの vCenter Server で展開をプロビジョニングすることができます。次に例をいくつか示します。
  • 同じネットワーク プロファイルを使用する複数の NIC を備えた 1 台のマシンが含まれ、このネットワーク プロファイルに複数の vCenter Server にまたがる NSX-T ネットワークが含まれているクラウド テンプレート。
  • サブネット ベースの分離が指定されたネットワーク プロファイルを使用し、複数の vCenter Server にまたがる既存NSX-T ネットワークを使用する、プライベート ネットワーク上のマシンが含まれているクラウド テンプレート。
  • セキュリティ グループ ベースの分離が指定されたネットワーク プロファイルを使用し、複数の vCenter Server にまたがる NSX-T ネットワークを使用する、プライベート ネットワーク上の単一のマシンが含まれているクラウド テンプレート。
  • 複数の vCenter Server にまたがる NSX-T ネットワークが含まれているネットワーク プロファイルを使用する、ルーティング ネットワーク上の単一のマシンが含まれているクラウド テンプレート。
  • オンデマンドのロード バランサが含まれ、そのロード バランサがネットワーク上のすべての vCenter Server マシンに対して適用されるようにネットワーク プロファイルで定義されているクラウド テンプレート。
  • オンデマンド ネットワークが含まれ、ネットワーク プロファイルを使用するすべての vCenter Server でそのオンデマンド ネットワークが使用されるようにネットワーク プロファイルで定義されているクラウド テンプレート。
  • 必要に応じてファイアウォール ルールが含まれ、ネットワーク上のすべての vCenter Server に関連付けられているオンデマンド セキュリティ グループが含まれているクラウド テンプレート。

NSX-T ネットワークに vRealize Automation Cloud の内部または外部 IP アドレス管理を設定し、異なる vCenter Server でプロビジョニングされたマシンに対して同じ IP アドレスを共有することができます。

システム内でネットワーク プロファイルが定義されていない場合は、既存の単一の NSX-T ネットワークを共有する異なる vCenter Server で、複数のマシンを含むクラウド テンプレートをプロビジョニングできます。