クラウド管理者がプライベート クラウド展開のために決定した価格設定戦略に従って価格設定カードを作成し、プロジェクトまたはクラウド ゾーンに割り当てることができます。

価格設定カードは、ユーザーが選択したパラメータに基づいてカスタマイズできます。価格設定カードを構成した後は、価格設定戦略によって決定される 1 つ以上のプロジェクトおよびクラウド ゾーンにこのカードを割り当てることができます。

また、vROps エンドポイント画面の [インフラストラクチャ] > [統合] > [vROps エンドポイント] > [] で、価格サーバの手動更新をいつでも実行できます。vCenter Server のセクションで、[同期] をクリックします。[同期] オプションを使用して価格サーバを手動で更新すると、組織内のすべてのプロジェクトに対して価格が再計算されます。組織のプロジェクトの数によっては、このプロセスに時間がかかる場合があります。

プライベート クラウド コストを調整するには、[インフラストラクチャ] > [コスト] > [プライベート クラウド] の順に選択します。[マークアップ全体の追加] を選択してすべてのクラスタのコストを調整するか、[マークアップ率の追加] 列で個別のクラスタに手動でマークアップを追加します。

価格設定カードを作成して割り当てると、展開およびプロジェクトの価格履歴を表示できるようになります。価格履歴を表示するには、展開に移動して [価格] をクリックします。価格分析によって、展開の価格と過去 1 か月の価格の概要および詳細のビューが表示されます。グラフィカル表示を変更して、展開の価格を日単位、週単位、または月単位の値で表示できます。また、価格履歴の日付範囲または月を正確に指定することもできます。

コスト コンポーネントごとの価格内訳を表示するには、[詳細] をクリックします。

価格は、コストのかかるコンポーネント タイプによって決まります。
表 1. コスト算出コンポーネント タイプ
ブループリント コンポーネント タイプ サービス名/オブジェクト タイプ ブループリント リソース タイプ コメント
クラウド非依存 マシン Cloud.Machine 依存しないマシンが vSphere で構成されている場合は、展開コストを表示できます。
ディスク Cloud.Volume 依存しないディスクが vSphere で構成されている仮想マシンに接続されている場合は、展開コストを表示できます。
vSphere vSphere マシン Cloud.vSphere.Machine クラウド固有のブループリントを使用して展開します。
vSphere ディスク Cloud.vSphere.Disk 仮想マシンに接続されたクラウド固有のブループリントを使用して展開します。
VMware 管理対象クラウド (VMC) vSphere マシン Cloud.vSphere.Machine VMC でサポートされるのは、レートベースの価格カードのみです(コストベースの価格カードはサポートされません)。
vSphere ディスク Cloud.vSphere.Disk

前提条件

価格設定カードを構成する前に、vRealize Operations エンドポイントを構成する必要があります。vRealize Operations エンドポイントを構成するには、 [インフラストラクチャ] > [接続] > [統合] > [統合の追加] の順に移動します。
注: 複数の vRealize Operations エンドポイントを追加する場合、これらのエンドポイントで同じ vCenter Server を監視することはできません。

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [価格設定カード] > [新規価格設定カード] の順に移動します。
  2. [サマリ] タブで価格設定カードの名前と説明を入力します。[価格設定] タブでポリシーを定義すると、概要テーブルに価格設定カードのレートが適用されます。
    注: 通貨単位は、vRealize Operations で選択した値によって決まります。
  3. オプション。価格設定カードが割り当てられていないすべてのプロジェクトに対して、デフォルトでこの価格設定カードを割り当てる場合は、[未割り当てプロジェクトにデフォルトを割り当てますか? ] チェックボックスを選択します。
  4. [価格設定] をクリックし、価格設定ポリシーの詳細を構成します。
    表 2. 価格設定ポリシーの構成
    パラメータ 説明
    基本料金 ポリシーの名前と説明を入力します。コスト ベースまたはレート ベースを選択します。
    • コスト - コストは vRealize Operations で定義されます。選択した場合は、乗算係数が必要です。たとえば、係数として 1.1 を選択すると、コストに 1.1 が乗じられ、計算後のコストが 10% 増加します。コストを使用した価格計算式は、<コスト> x <倍率> = 価格です。
    • レート - 選択した場合は、絶対値を使用してコストを決定する必要があります。レートを使用した価格計算式は、<レート> = 価格です。このレートによる課金方法を指定するには、ドロップダウン リストからレートの間隔を選択します。

    CPU、メモリ、ストレージ、およびその他のコストは、[基本料金] セクションで、コストまたはレートを定義します。

    ゲスト OS ゲスト OS の料金を定義するには、[料金の追加] をクリックし、

    ゲスト OS 名を入力し、課金方式と基準レートを指定します。

    • 繰り返し - 基準レートを入力し、料金期間として繰り返し間隔を定義します。絶対レート値が必要で、この値が全体価格に加算されます。
    • 1 回限り - 1 回限りの基準レート料金を定義します。絶対値が必要で、この値が 1 回限りの価格として加算されます。
    • レート係数 - 乗算係数が必要です。この係数は、選択した料金カテゴリに適用されます。たとえば、CPU 料金でレート係数 2 を選択した場合、ゲスト OS の CPU には、標準コストの 2 倍の料金が課金されます。
    レートが異なる複数のゲスト OS を追加する場合は、 [料金の追加] をクリックし、追加の料金ポリシーを設定します。
    注: ゲスト OS の初期料金がポリシーに含まれていても、[サマリ] 画面には表示されません。
    タグ タグ料金を定義するには、[料金の追加] をクリックし、

    タグ名を選択し、課金方式と基準レートを指定します。

    • 繰り返し - 基準レートを入力し、料金期間として繰り返し間隔を定義します。絶対レート値が必要で、この値が全体価格に加算されます。
    • 1 回限り - 1 回限りの基準レート料金を定義します。絶対値が必要で、この値が 1 回限りの価格として加算されます。
    • レート係数 - 乗算係数が必要です。この係数は、選択した料金カテゴリに適用されます。

    タグの課金方法は、パワーオン状態に基づいて選択します。

    レートが異なる複数のタグを追加する場合は、 [料金の追加] をクリックして、追加料金ポリシーを構成します。
    注: 計算後の最終価格の追加料金には、仮想マシンのタグの料金が含まれますが、ディスクおよびネットワークのタグの料金は含まれません。
    カスタム プロパティ カスタム プロパティ料金を定義するには、[料金の追加] をクリックし、

    プロパティの名前と値を入力し、課金方式と基準レートを指定します。

    • 繰り返し - 基準レートを入力し、料金期間として繰り返し間隔を定義します。絶対レート値が必要で、この値が全体価格に加算されます。
    • 1 回限り - 1 回限りの基準レート料金を定義します。絶対値が必要で、この値が 1 回限りの価格として加算されます。
    • レート係数 - 乗算係数が必要です。この係数は、選択した料金カテゴリに適用されます。
    カスタム プロパティの課金方法は、パワーオン状態に基づいて選択します。
    レートが異なる複数のカスタム プロパティを追加する場合は、[料金の追加] をクリックして、追加料金ポリシーを構成します。
    全体料金 価格設定ポリシーに追加したい料金があれば、その料金を定義します。1 回限りの料金と繰り返し料金の両方を追加できます。
    1 回限りの料金は、カタログ アイテムの価格見積もりにも [サマリ] タブにも表示されません。該当するカタログ アイテムについては、日単位の価格見積もりのみが表示されます。
  5. [割り当て] タブをクリックし、[プロジェクトの割り当て] をクリックします。価格設定カードを割り当てる 1 つ以上のプロジェクトを選択します。
    注: デフォルトでは、価格設定カードはプロジェクトに適用されます。 [インフラストラクチャ] > [価格設定カード] タブで、クラウド ゾーンに価格設定カードが適用されるように選択できます。クラウド ゾーンを選択した場合は、[割り当て] タブの [クラウド ゾーンの割り当て] をクリックします。
  6. [作成] をクリックすると、保存されて価格設定ポリシーが作成されます。

結果

新規価格設定ポリシーが [価格設定カード] 画面に表示されます。ポリシーの詳細と構成を表示または編集するには、[開く] をクリックします。