この手順では、Microsoft Azure VMware Solution のセルフサービス ハイブリッド クラウド環境と連携するように vRealize Automation Cloud をセットアップして、その環境内で vRealize Automation Cloud ワークロードを使用する方法について説明します。

vRealize Automation Cloud は、Azure クラウド環境への VMware ワークロードの移動と実行のために、Azure VMware Solution (AVS) との接続をサポートしています。AVS は、VMware 環境とのインターフェイスとして Microsoft が開発しました。

AVS の使用方法は Microsoft によって詳細にドキュメント化されています。ドキュメントは、次の場所にあります。

vRealize Automation Cloud で AVS を使用するには、vCenter Server と NSX-T の両方のクラウド アカウントをセットアップする必要があります。これらのクラウド アカウントのセットアップについては、次のドキュメントを参照してください。

注: vCenter Server クラウド アカウントと NSX-T クラウド アカウントをサポートするには、AVS SDDC にクラウド プロキシを展開する必要があります。詳細については、 クラウド プロキシを必要とする Cloud Assembly のクラウド アカウントの設定を参照してください。

次の手順は、AVS に vRealize Automation Cloud ワークロードを展開できるように環境を構成するステップの概要を示しています。

  1. ベンダーの指示に基づき、使用環境に合わせて Azure VMware Solution をインストールして構成します。
  2. vRealize Automation Cloud 環境で vCenter Server クラウド アカウントと NSX-T クラウド アカウントを作成します。