フレーバー マッピングでは、自然言語による名前付けを使用して、vRealize Automation Cloud 内の特定のクラウド アカウントとリージョンに対する一連のターゲット展開のサイズ設定をグループ化します。

フレーバー マッピングを使用すると、お使いのアカウントのリージョンで類似のフレーバー サイズ設定を含む名前付きマッピングを作成できます。たとえば、standard_small という名前のフレーバー マップに、プロジェクト内で使用可能なアカウントとリージョンの一部またはすべてに対して同様のフレーバー サイズ設定(1 CPU、2 GB RAM など)を含めることできます。クラウド テンプレートをビルドするときは、ニーズに合った使用可能なフレーバーを選択します。

展開の目的に応じて、プロジェクトのフレーバー マッピングを編成します。

クラウド テンプレートの作成を簡素化するために、新しいクラウド アカウントを追加するときに事前構成オプションを選択できます。事前構成オプションを選択すると、指定されたリージョンに対する組織で最も一般的なフレーバー マッピングとイメージ マッピングが選択されます。

vSphere リソースを含むクラウド テンプレート内のイメージ マッピングに関して、vSphere クラウドゾーンに対してフレーバー マッピングが定義されていない場合、クラウド テンプレートで vSphere 固有の設定を使用してメモリと CPU を無制限に構成できます。vSphere のクラウド ゾーンに対してフレーバー マッピングが定義されている場合、フレーバー マッピングはクラウド テンプレートで vSphere 固有の構成の制限として機能します。