ワークロードのオンボーディング プランを使用して、ターゲット リージョンまたはデータセンターのクラウド アカウント タイプからデータ収集されたものの、まだ Cloud Assembly プロジェクトで管理されていないマシンを特定します。

追加したクラウド アカウントに含まれるマシンが Cloud Assembly の外部に展開されている場合、そのマシンはオンボーディングされるまで Cloud Assembly によって管理されません。管理対象外のマシンを Cloud Assembly 管理に移動するには、オンボーディング プランを使用します。プランを作成してマシンに追加します。次に、そのプランを実行してマシンをインポートします。オンボーディング プランを使用すると、クラウド テンプレートを作成でき、1 つまたは複数の展開を作成することもできます。

マシンを手動で選択することにより、1 つまたは複数の管理対象外のマシンを 1 つのプランでオンボーディングすることができます。

ワークロードのオンボーディングに使用できるマシンは、[リソース] > [リソース] > [仮想マシン] で、[オリジン] 列に Discovered と表示されます。データが収集されたマシンのみがリストされます。オンボーディングしたマシンは、[発生元] 列に Deployed と表示されます。検出済みまたは展開済みのマシンをフィルタリングするには、 フィルタ アイコンをクリックします。

ワークロードのオンボーディング プランを実行するユーザーは、自動的にマシンの所有者として割り当てられます。

オンボーディングでは、カスタム プロパティのオンボーディング、ディスクの接続、展開所有者の変更、vSphere ネットワークもサポートされます。

  • カスタム プロパティ - カスタム プロパティは、プラン レベルおよび個々のマシン レベルで設定できます。マシン レベルで設定されたカスタム プロパティは、プラン レベルで設定された同じプロパティをオーバーライドします。
  • 接続されたディスク - マシンに起動できないディスクが搭載されている場合、そのディスクは親マシンによって自動的にオンボーディングされされます。起動できないディスクを表示するには、プラン内のマシン名をクリックして、[ストレージ] タブに移動します。
  • 展開の所有者 - オンボーディングすることにより、デフォルトの展開所有者を変更できます。所有者を変更するには、[展開] タブで展開を選択し、[アクション] > [所有者の変更] の順にクリックして、プロジェクトに関連付けられている目的のユーザーを選択します。

オンボーディングの例

オンボーディング技術の例については、例:選択されたマシンを Cloud Assembly で単一の展開としてオンボーディングを参照してください。

オンボーディング イベントのサブスクリプション

プランを実行すると、Deployment Onboarded イベントが作成されます。[拡張性] タブのオプションを使用して、これらの展開イベントをサブスクライブし、アクションを実行できます。

オンボーディング後、オンボーディングされた展開の Day 2 アクションとしてプロジェクトを更新できます。プロジェクトの変更アクションを使用するには、展開と同じクラウド ゾーン リソースをターゲット プロジェクトで使用する必要があります。オンボーディングされた展開で、オンボーディング後に変更が行われた場合は、プロジェクトの変更アクションを実行できません。