Cloud Assembly のクラウド管理者は、[リソース] タブの [アプリケーション] ビューを使用してアプリケーションを管理します。

[リソース] タブにある [アプリケーション] ビューは、vRealize Cloud Universal Enterprise Plusサブスクライバのみが使用できます。サブスクライバが [リソース] > [アプリケーション] の順に選択しても、[アプリケーション] ビューが表示されない場合は、Ensemble の有効化についてアカウント マネージャに確認してください。

アプリケーションは、vRealize Cloud Universal Enterprise Plus の付属サービスである Enterprise で検出されます。Ensemble は、アプリケーションの検出、監督、および管理を専門に行うように設計されています。

アプリケーションについて

アプリケーションは、ビジネス アプリケーションとして動作する、ビジネスによって定義されるインフラストラクチャ リソースおよびサービスのコレクションです。アプリケーションを構成するソフトウェアやコードではありません。リソースのコレクションには、仮想マシン、ファイアウォール、セキュリティ ルール、コンテナ、コンテナのポッド、ディスクとボリューム、ネットワーク セグメント、S3 や RDS などの共有クラウド ネイティブ アプリケーション サービス、Active Directory などの所有されたエンタープライズ サービスが含まれますが、これらに限定されません。

vRealize Automation Cloud の [アプリケーション] ビューには、vSphere 仮想マシンのみが表示されます。今後、リソース タイプが追加される予定です。

アプリケーションを使用できるユーザー

マシンで Day 2 アクションを実行するなどのアプリケーション管理作業を行うには、Cloud Assembly 管理者ロールが必要です。ユーザーにアプリケーションの表示を許可して、アプリケーションの管理を許可しない場合は、Cloud Assembly 閲覧者ロールを付与することができます。アプリケーションをプロジェクトに割り当てると、プロジェクト管理者はこれらのアプリケーションを管理できるようになります。Ensemble でアプリケーションを表示するには、Ensemble 閲覧者ロールが必要です。Ensemble でアプリケーションを管理するには、Ensemble 管理者ロールが必要です。

アプリケーション リストの操作

検出されたアプリケーションは、vSphere リソースで構成されています。

アプリケーションを見つけるには、フィルタを使用して検索します。アプリケーションを管理するには、詳細を表示し、選択した Day 2 アクションを実行します。


フィルタ、検索、詳細の展開、および Day 2 アクション アクセス ポイントの図中番号が付いているアプリケーション リストのスクリーンショット。
  1. 属性に基づいてフィルタリングします。
  2. 名前に基づいてアプリケーションを検索します。
  3. アプリケーションの詳細ペインを開きます。詳細ペインには、アプリケーションを構成するマシン リソースが含まれています。
  4. マシンの詳細ペインで縦の省略記号をクリックして、Day 2 アクションを実行します。

アプリケーション詳細ビューについて

アプリケーション詳細ビューには、リソース名、リソースの現在のパワーオン/パワーオフ状態、アカウントのリージョン、その他の基本情報が表示されます。個々のリソースの詳細については、リソース名をクリックしてください。リソース ノードにリソース詳細ビューが開き、リソースに関する詳細が表示されます。


アプリケーションの詳細のスクリーンショットと、アプリケーションの詳細のリソース名をクリックすることでアクセスできるリソースの詳細のスクリーンショット。

アプリケーションに対して実行できる Day 2 アクション

検出されたリソースに対して使用できるアクションは、仮想マシンに限定されます。ステータスに応じて、次のアクションを実行できます。


Day 2 アクションにアクセスする際に使用される縦方向の省略記号が強調表示された、アプリケーションの詳細のスクリーンショット。

現在のアクションには、次のオプションが含まれています。

  • リモート コンソールへの接続
  • パワーオフ
  • パワーオン
  • タグの更新