クラウド管理者は、チームが vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートを展開するアカウント リージョンの Microsoft Azure クラウド アカウントを作成できます。

vRealize Automation Cloud での Microsoft Azure クラウド アカウントの使用事例を確認するには、「WordPress のエンドツーエンドの使用事例」を参照してください。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択し、[クラウド アカウントの追加] をクリックします。
  2. Microsoft Azure アカウント タイプを選択し、認証情報とその他の値を入力します。
  3. [検証] をクリックします。
    アカウントに関連付けられているアカウント リージョンが収集されます。
  4. このリソースをプロビジョニングするリージョンを選択します。
  5. 効率を高めるために、[選択したリージョンのクラウド ゾーンの作成] をクリックします。
  6. タグ付け方法をサポートするためにタグを追加する必要がある場合は、機能タグを入力します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

    ビデオ記号機能タグと制約タグによって展開の配置を制御する方法の詳細については、ビデオ チュートリアルConstraint Tags and Placementを参照してください。

  7. [保存] をクリックします。

結果

アカウントが vRealize Automation Cloud に追加され、選択したリージョンが指定したクラウド ゾーンで使用可能になります。

次のタスク

このクラウド アカウントのインフラストラクチャ リソースを作成します。

Azure クラウド アカウントをクラウド テンプレートに追加するときは、必要に応じて可用性セットを再利用できます。サブスクリプションには、可用性セットは 2,000 まで、仮想マシンは 25,000 台までという制限があります。そのため、できるだけ可用性セットを再利用することには意味があります。展開による可用性セットの使用方法の制御に使用できる YAML プロパティは 2 つあります。availabilitySetName プロパティを使用すると、使用する可用性セットを指定できます。2 つ目のプロパティは doNotAttachAvailabilitySet で、デフォルトでは false に設定されています。このプロパティを true に設定すると、vRealize Automation Cloud が作成する展開には可用性セットが含まれません。

仮想マシンにロード バランサを接続して使用する場合、可用性セットを含まない展開を作成することはできません。

次の表は、クラウド テンプレートでリソース グループと可用性セットが指定されているかどうかに応じて vRealize Automation Cloud がどのように動作するかを示します。

可用性セットは、リソース グループに含まれない状態で存在することはできません。リソース グループ内の可用性セットには、一意の名前が必要です。可用性セットは、属するリソース グループが異なる場合に限り、同じ名前を付けることができます。

リソース グループ名を指定しない場合、vRealize Automation Cloud は新しいリソース グループを作成します。そのため、名前が渡された場合でも新しい可用性セットを作成する必要があります。新しいセットには、渡された名前が使用されます。

表 1.
リソース グループが指定された 可用性セットが指定された 結果
いいえ いいえ vRealize Automation Cloud は、仮想マシン向けに新しいリソース グループと新しい可用性セットを作成します。
はい いいえ vRealize Automation Cloud は、仮想マシン向けに既存のリソース グループを再利用し、新しい可用性セットを作成します。
いいえ はい vRealize Automation Cloud は、指定された名前の新しいリソース グループと新しい可用性セットを作成します。
はい はい vRealize Automation Cloud は、既存のリソース グループを再利用します。指定された名前の可用性セットがすでにそのグループ内にある場合、その可用性セットも再利用されます。指定された名前の可用性セットがグループ内にない場合は、その名前で新しい可用性セットが作成されます。

Cloud Assembly は、展開された仮想マシンの Azure ディスク スナップショットをサポートします。詳細については、vRealize Operations Cloud における Microsoft Azure 仮想マシン ディスクのスナップショットの操作を参照してください。

Cloud Assembly では、Azure 展開のためにいくつかの起動診断オプションがサポートされています。起動診断では、Azure 仮想マシンのデバッグがサポートされ、ログ情報および関連するスクリーンショットが収集されます。詳細については、Microsoft Azure 仮想マシンでの起動診断とログ分析の使用を参照してください。