この手順では、デザイン キャンバスに vCenter マシン リソースをドラッグし、vRealize Automation CloudVMware Cloud on AWS 展開の設定を追加します。

使用可能な VMware Cloud on AWS リソースに展開できるクラウド テンプレート デザインを作成します。

特に指定のない限り、この手順で入力する値は、この例のワークフローでのみ使用します。

前提条件

手順

  1. [デザイン] タブをクリックして、[新規] をクリックします。
    設定 サンプルの値
    名前 vmc-bp_abz
    説明 1
    プロジェクト VMC_proj-1_abz

    これは以前に作成したプロジェクトで、以前に作成したクラウド ゾーンをサポートします。現在、このプロジェクトはクラウド ゾーンに関連付けられ、クラウド ゾーンは以前に作成した VMware Cloud on AWS クラウド アカウント/リージョンに関連付けられています。

  2. vSphere マシン リソースをキャンバス上にスライドします。
  3. マシン リソースで、次の(太字の)クラウド テンプレート リソース コードを編集します。
    formatVersion: 1
    inputs: {}
    resources:
      Cloud_vSphere_Machine_1:
        type: Cloud.vSphere.Machine
        properties:
          image: ubuntu-1604
          cpuCount: 1
          totalMemoryMB: 1024
          folderName: Workloads
    

    image には、展開のニーズに適した任意の値を指定できます。

    VMware Cloud on AWS 展開をサポートするには、クラウド テンプレート デザイン コードに folderName: Workloads ステートメントを追加する必要があります。folderName: Workloads 設定は、VMware Cloud on AWS SDDC 環境の CloudAdmin 認証情報をサポートしており、必須です。

    注:上記のコード サンプルに表示されている folderName: Workloads の設定は必須ですが、上記のようにクラウド テンプレート コードに直接追加することも、関連付けられているクラウド ゾーンまたはプロジェクトに追加することもできます。この設定が、これら 3 つの中の 2 つ以上の場所で指定されている場合、優先順位は次のようになります。
    • プロジェクトの設定は、クラウド テンプレートの設定およびクラウド ゾーンの設定をオーバーライドします。
    • クラウド テンプレート デザインの設定は、クラウド ゾーンの設定をオーバーライドします。

    注:次に示すように、必要に応じて cpuCount および totalMemoryMB の設定を flavor(サイズ変更)エントリに置き換えることができます。

    formatVersion: 1
    inputs: {}
    resources:
      Cloud_vSphere_Machine_1:
        type: Cloud.vSphere.Machine
        properties:
          image: ubuntu-1604
          flavor: small
          folderName: Workloads
    

    クラウド ゾーンのフォルダ値がワークロードに設定されている場合、クラウド ゾーン フォルダの値をオーバーライドする場合を除き、クラウド テンプレートで folderName プロパティを設定する必要はありません。

次のタスク

ネットワークの隔離を追加することにより、この基本的な VMware Cloud on AWS ワークフローを拡張します。vRealize Automation Cloud の VMware Cloud on AWS ワークフローで隔離されたネットワークの構成を参照してください。