ネットワークとセキュリティのために、NSX-V クラウド アカウントを作成して、vCenter クラウド アカウントに関連付けることができます。

NSX-V クラウド アカウントは、1 つの vCenter Server クラウド アカウントにのみ関連付けることができます。

NSX-VvCenter Server クラウド アカウントの関連付けは、vRealize Automation の外部、具体的には NSX アプリケーション内で構成する必要があります。vRealize Automation では、NSXvCenter Server の間の関連付けは作成されません。vRealize Automation では、NSX 内にすでにある関連付けを指定します。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択し、[クラウド アカウントの追加] をクリックします。
  2. NSX-V アカウント タイプを選択し、NSX-V ホスト IP アドレスを入力します。
  3. ドロップダウン メニューから既存のクラウド プロキシを選択します。

    このクラウド アカウント用に新しいクラウド プロキシを作成することもできます。Cloud Assembly での vCenter Server へのクラウド プロキシの追加を参照してください。

  4. NSX の管理者認証情報を入力し、[検証] をクリックします。

    アカウントに関連付けられているアセットが収集されます。

    NSX ホストの IP アドレスが使用できない場合、またはクラウド プロキシが展開されている vCenter ServerNSX ホストの IP アドレスにクラウド プロキシが関連付けられていない場合、検証は失敗します。

  5. 使用可能な場合は、この NSX-V アカウントに関連付ける vCenter クラウド アカウントを表す vCenter エンドポイントを選択します。

    現在、NSX-T または NSX-V クラウド アカウントに関連付けられていない vCenter Server クラウド アカウントのみを選択できます。

    クラウド テンプレートを展開した後での関連付けの変更については、vRealize Automation Cloud で NSX クラウド アカウントの関連付けを削除した場合の動作を参照してください。

  6. タグ付け方法をサポートするためにタグを追加する場合は、機能タグを入力します。

    機能タグは、後で追加または削除できます。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法を参照してください。

    ビデオ記号機能タグと制約タグによって展開の配置を制御する方法については、ビデオ チュートリアルConstraint Tags and Placementを参照してください。

  7. [保存] をクリックします。

次のタスク

この NSX クラウド アカウントと関連付ける vCenter クラウド アカウントを作成または編集できます。vRealize Automation Cloud に vCenter クラウド アカウントを作成しますを参照してください。

このクラウド アカウントで使用するデータセンターで使用される 1 つ以上のクラウド ゾーンを作成して構成します。Cloud Assembly クラウド ゾーンの詳細情報を参照してください。

このクラウド アカウントのインフラストラクチャ リソースを構成します。Cloud Assembly リソース インフラストラクチャのビルドを参照してください。