この手順では、クラウド ゾーンを作成して、vRealize Automation CloudVMware Cloud on AWS を使用するときに CloudAdmin ユーザーがアクセスできるコンピューティング リソースを指定します。

VMware Cloud on AWS には、CloudGlobalAdmin と CloudAdmin という 2 つの主要な管理者認証情報があります。Cloud Assembly は、CloudAdmin ユーザーをサポートするように設計されています。VMware Cloud on AWS CloudAdmin ユーザーが使用できるリソースに展開します。VMware Cloud on AWS CloudGlobalAdmin の認証情報を必要とするリソースには展開しないでください。

プロジェクト クラウド テンプレートでマシン、ネットワーク、およびストレージを展開するときに、その展開先となるコンピューティング リソースがクラウド ゾーンによって識別されます。Cloud Assembly クラウド ゾーンの詳細情報を参照してください。

特に指定のない限り、この手順で入力する値は、この例のワークフローでのみ使用します。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [構成] > [クラウド ゾーン] を選択します。
  2. [新しいクラウド ゾーン] をクリックし、VMware Cloud on AWS 環境の値を入力します。
    設定 サンプルの値
    アカウント/リージョン OurCo-VMC / Datacenter:Datacenter-abz

    これは、前の手順のサンプル ワークフローの vRealize Automation Cloud での VMware Cloud on AWS クラウド アカウントの作成で定義したクラウド アカウントおよびそれに関連付けられたリージョンです。

    名前 VMC_cloud_zone-1
    説明 VMware Cloud on AWS リソースのみ
    配置ポリシー デフォルト
    機能タグ 空のままにします。このワークフローでは、機能タグは使用しません。
  3. [コンピューティング] タブをクリックします。
  4. 下のエリア 1 に示すように、CloudAdmin ユーザーが使用できるコンピューティング リソースを検索して選択します。この例では、Cluster 1/ Compute-ResourcePool という名前のリソースを使用します。

    Cluster 1/ Compute-ResourcePoolVMware Cloud on AWS のデフォルトのコンピューティング リソースです。

    vmc コンピューティング リソースとクラウド ゾーンにタグを追加します -1

  5. 上記のエリア 2 に示すように、タグ名 vmc_placements_abz を追加します。

    vmc_placements_abz という名前のタグをコンピューティング リソースに追加。

  6. [フィルタ タグ] セクションに vmc_placements_abz と入力して、このクラウド ゾーンで使用するコンピューティング リソースをフィルタします。
  7. [保存] をクリックします。

    vmc コンピューティング リソースとクラウド ゾーンにタグを追加します -3

    この例では、CloudAdmin ユーザーは Cluster 1/ Compute-ResourcePool という名前のコンピューティング リソースのみを使用できます。

次のタスク

vRealize Automation Cloud での VMware Cloud on AWS 展開のネットワークおよびストレージのプロファイル設定