vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートを展開するアカウント リージョンに、vCenter Server クラウド アカウントを追加できます。

ネットワークとセキュリティの目的から、vCenter Server のクラウド アカウントを NSX-T または NSX-V のクラウド アカウントに関連付けることができます。

NSX-T クラウド アカウントは、1 つ以上の vCenter Server クラウド アカウントに関連付けることができます。ただし、NSX-V クラウド アカウントは、1 つの vCenter Server クラウド アカウントにのみ関連付けることができます。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択し、[クラウド アカウントの追加] をクリックします。
  2. vCenter アカウント タイプを選択し、vCenter Server ホスト IP アドレスを入力します。
  3. ドロップダウン メニューから既存のクラウド プロキシを選択します。

    このクラウド アカウント用に新しいクラウド プロキシを作成することもできます。Cloud Assembly での vCenter Server へのクラウド プロキシの追加を参照してください。

  4. vCenter Server の管理者認証情報を入力し、[検証] をクリックします。
    アカウントに関連付けられているすべてのデータセンターがデータ収集されます。次の要素は、次の要素のすべての vSphere タグと同様にデータ収集されます。
    • マシン
    • クラスタおよびホスト
    • ポート グループ
    • データ ストア
  5. このクラウド アカウントにプロビジョニングを許可するために、指定された vCenter Server で使用可能なデータセンターを少なくとも 1 つ選択します。
  6. 効率を高めるために、選択したデータセンターにプロビジョニングするためのクラウド ゾーンを作成します。

    組織のクラウド戦略によっては、別の手順でクラウド ゾーンを作成することもできます。

    クラウド ゾーンについては、Cloud Assembly クラウド ゾーンの詳細情報を参照してください。

  7. 既存の NSX クラウド アカウントを選択します。

    この段階で、または、後でクラウド アカウントを編集するときに、NSX アカウントを選択できます。

    NSX-V クラウド アカウントについては、vRealize Automation での NSX-V クラウド アカウントの作成を参照してください。

    NSX-T クラウド アカウントについては、vRealize Automation Cloud での NSX-T クラウド アカウントの作成を参照してください。

    クラウド テンプレートを展開した後での関連付けの変更については、vRealize Automation Cloud で NSX クラウド アカウントの関連付けを削除した場合の動作を参照してください。

  8. タグ付け方法をサポートするためにタグを追加する場合は、機能タグを入力します。

    この段階で、または、後でクラウド アカウントを編集するときに、タグを追加できます。タグ付けの詳細については、Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法を参照してください。

    ビデオ記号機能タグと制約タグによって展開の配置を制御する方法の詳細については、ビデオ チュートリアルConstraint Tags and Placementを参照してください。

  9. [保存] をクリックします。

結果

クラウド アカウントが追加され、選択したデータセンターが指定したクラウド ゾーンで使用できるようになります。マシン、ネットワーク、ストレージ、ボリュームなどの収集されたデータは、[インフラストラクチャ] タブの [リソース] セクションに表示されます。

次のタスク

このクラウド アカウントの残りのインフラストラクチャ リソースを構成します。Cloud Assembly リソース インフラストラクチャのビルドを参照してください。