クラウド管理者は、チームが vRealize Automation Cloud クラウド テンプレートを展開するアカウント リージョンの Amazon Web Services (AWS) クラウド アカウントを作成できます。

許可されたユーザーの場合は、AWS クラウド アカウントで AWS GovCloud 構成へのアクセスがサポートされます。この構成では、プロジェクトの構成、タグ、およびインフラストラクチャに関する標準的な vRealize Automation Cloud クラウド アカウント機能の大半がサポートされます。Cloud Assembly クラウド テンプレートでは、AWS Platform as a Service (PaaS) プロパティの使用がサポートされます。

次の手順では、AWS クラウド アカウントの構成方法について説明します。

前提条件

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択し、[クラウド アカウントの追加] をクリックします。
  2. AWS のアカウント タイプを選択し、認証情報とその他の値を入力します。
  3. [検証] をクリックします。
    アカウントに関連付けられているアカウント リージョンが収集されます。
  4. このリソースをプロビジョニングするリージョンを選択します。
  5. 効率を高めるために、[選択したリージョンのクラウド ゾーンの作成] をクリックします。
  6. タグ付け方法をサポートするためにタグを追加する必要がある場合は、機能タグを入力します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

    ビデオ記号機能タグと制約タグによって展開の配置を制御する方法の詳細については、ビデオ チュートリアルConstraint Tags and Placementを参照してください。

  7. [追加] をクリックします。

結果

アカウントが vRealize Automation Cloud に追加され、選択したリージョンが指定したクラウド ゾーンで使用可能になります。

次のタスク

このクラウド アカウントのインフラストラクチャ リソースを構成します。