この簡素化された方法を使用して、米国リージョン内にある SDDC に基づいて vRealize Automation CloudVMware Cloud on AWS クラウド アカウントを作成します。

ソース VMware Cloud on AWSSDDC 上の Cloud Assembly エージェントが展開されると、VMware Cloud on AWS クラウド アカウントが作成されます。まだエージェントが SDDC に展開されていない場合は、クラウド アカウントの作成手順中に、その展開を有効にするように求めるメッセージが表示されます。

このプロセスではクラウド アカウントが作成されるほか、カタログ アイテムやクラウド テンプレートを含むスタータ オブジェクトのセットも作成されます。また、プロジェクト、クラウド ゾーン、フレーバー マッピング、イメージ マッピング、ネットワーク プロファイル、ストレージ プロファイルなどのインフラストラクチャ リソースも作成されます。

VMware Cloud on AWSSDDC が米国リージョン以外にある場合は、代わりにワークフローにおける vRealize Automation Cloudでの VMware Cloud on AWS クラウド アカウントの作成を参照してください。

VMware Cloud on AWSの一般的な情報については、VMware Cloud on AWS のドキュメントを参照してください。

手順

  1. [インフラストラクチャ] > [接続] > [クラウド アカウント] の順に選択します。
  2. [クラウド アカウントの追加] をクリックし、VMware Cloud on AWS タイルを選択します。

    SDDC が米国リージョン内にある場合にのみこの構成方法を使用できることを示す注が、クラウド アカウント画面の上部バーに表示されます。選択した SDDC が米国リージョン内にない場合は、提供されている手動リンクをクリックして、クラウド アカウントを手動で定義するためのユーザー インターフェイスに切り替えます。この手動による方法については、ワークフローにおける vRealize Automation Cloudでの VMware Cloud on AWS クラウド アカウントの作成に記載されています。

  3. [SDDC 名] ドロップダウン メニューで、使用可能な SDDC のリストから SDDC を選択します。

    使用可能な SDDC のリストは、VMware Cloud on AWSサブスクリプションから取得されます。

  4. Cloud Assembly エージェントがまだ SDDC にインストールされていない場合は、メッセージが表示されます。メッセージ、および表示されるページの指示に従ってエージェントを有効にしてから、この手順を再開します。

    Cloud Assembly エージェントが VMC SDDC にインストールされていない場合に表示されるメッセージ

  5. 選択した SDDC に Cloud Assembly エージェントがインストール済みの場合は、選択した SDDC がすでに VMC で有効であることを示すメッセージが表示され、[手動構成の使用] ボタンをクリックすると続行されます。[手動構成の使用] ボタンをクリックして画面オプションの次のページを開き、クラウド アカウントの定義を続行します。

    Cloud Assembly エージェントがすでにインストールされていると、[手動構成の使用] ボタンをクリックして続行するように求められます

  6. プロンプトが表示されたら、クラウド アカウントの名前と説明を入力します。
  7. SDDC 名、[vCenter Server IP アドレス/FQDN][NSX Manager の IP アドレス/FQDN] の設定は SDDC 名に基づいて自動的にポピュレートされることに注意してください。
  8. [検証] をクリックします。

    [検証] オプションでは、Cloud Assembly エージェントが vCenter Serverと NSX Manager に正常に接続できることが確認されます。

    Error updating endpoint 名前: Endpoint already exists が表示された場合、クラウド アカウントはすでにその SDDC に関連付けられています。

  9. ページの [構成] セクションで、プロビジョニング先の SDDC データセンターを 1 つまたは複数指定し、必要な場合は指定した各データセンター内でのプロビジョニングのために新しいクラウド ゾーンを作成します。
  10. ページの [機能] セクションで、必要に応じてクラウド アカウントの機能タグを指定します。

    組織のタグ ストラテジで説明するようにタグを使用します。Cloud Assembly のリソースと展開を管理するためにタグを使用する方法およびタグ付けストラテジの作成を参照してください。

  11. 最後に [追加] をクリックすると、クラウド アカウントが作成されます。