ユーザー操作領域には、承認が必要な内容を実行するパイプラインが表示されます。必須の承認者は、パイプラインの実行を承認または拒否できます。

パイプラインを作成する場合、次の場合にパイプラインへの承認の追加が必要になる場合があります。

  • チーム メンバーはコードを確認する必要があります。
  • 別のユーザーはビルド アーティファクトを確認する必要があります。
  • すべてのテストが完了していることを確認する必要があります。
  • タスクは、管理者が制限付きとしてマークしたリソースを使用しているため、承認が必要です。
  • パイプラインがソフトウェアを本番環境にリリースします。

パイプライン タスクを承認するかどうかを決定するには、必須の承認者が権限と専門知識を持っている必要があります。

ユーザー操作タスクを追加する場合は、有効期限のタイムアウトを日、時間、または分単位で設定できます。たとえば、目的のユーザーに、パイプラインを 30 分間で承認するよう依頼しなければならない場合があります。30 分以内に承認されない場合、パイプラインは予期したとおりに失敗します。

E メール通知の送信を有効にした場合、ユーザー操作タスクでは、完全な E メール アドレスを持つ承認者にのみ通知が送信され、E メール形式ではない承認者名には通知が送信されません。

必須のユーザーがタスクを承認すると、次のようになります。

  • 保留中のパイプラインの実行を継続できます。
  • パイプラインを続行すると、その同じユーザー操作タスクの承認を求める以前の保留中の要求がキャンセルされます。

[ユーザー操作] 領域で、承認または却下するアイテムがアクティブなアイテムまたはアクティブでないアイテムとして表示されます。各アイテムは、パイプライン内のユーザー操作タスクにマッピングします。

  • [アクティブなアイテム] では、タスクをレビューする必要がある承認者を待ち、その後タスクを承認または拒否します。承認者リストにあるユーザーは、ユーザー操作行を展開し、[承認] または [拒否] をクリックできます。
  • [アクティブでないアイテム] が承認または拒否されました。ユーザーがユーザー操作を拒否した場合、またはタスクの承認がタイムアウトになった場合は、そのタスクは承認できなくなります。

インデックス # は、特定の承認を検索するフィルタとして使用できる一意の 6 文字の英数字文字列です。

パイプラインの承認は、[実行] 領域にも表示されます。

  • 承認を待機しているパイプラインは、ステータスが待機中であることを示します。
  • その他の状態には、キュー、完了、失敗があります。
  • パイプラインが待機状態にある場合は、必要な承認者がパイプライン タスクを承認する必要があります。