24 時間以内に登録しなかったためにユーザー アカウントが「保留中」の場合、またはアカウントがロックされている場合、スーパー管理者ユーザーがアカウントのロックを解除できます。

スーパー管理者ユーザー アカウントはロックされません。その他のユーザー アカウントは、次のいずれかの状況ではロックされます。
  • ユーザーが 15 分間に誤ったパスワードを 3 回連続で入力した。
  • ユーザーが vRealize Log Insight に 35 日間ログインしていない。このロック条件は、パスワード ポリシーの制限が有効になっている場合にのみ有効です。
  • ユーザーのパスワードが 60 日間変更されていない。このロック条件は、パスワード ポリシーの制限が有効になっている場合にのみ有効です。
パスワード ポリシーの制限を有効にする方法については、 vRealize Log Insight の STIG コンプライアンスの設定を参照してください。
注: この手順では、デフォルトの組み込みの認証方法のみを使用するアカウントがロック解除されます。 VMware Identity Manager または Active Directory 認証を使用するアカウントはロック解除されません。

前提条件

スーパー管理者ユーザー、または 編集 アクセス レベルの アクセス制御 権限を持つロールに関連付けられているユーザーとして vRealize Log Insight の Web ユーザー インターフェイスにログインしていることを確認します。Web ユーザー インターフェイスの URL 形式は https://log-insight-host です。log-insight-hostvRealize Log Insight 仮想アプライアンスの IP アドレスまたはホスト名です。

手順

  1. [管理] タブに移動します。
  2. [管理] で、[アクセス コントロール] をクリックします。
  3. [ユーザー] をクリックします。
  4. (オプション) ロックされたユーザー アカウントの場合は、[ステータス] 列の赤色のロック アイコンにカーソルを合わせるとアカウントがロックされている理由が表示されます。
  5. アカウントのユーザー名の鉛筆アイコンをクリックします。
  6. まだ選択していない場合は、[パスワードのリセット] チェック ボックスをオンにします。
  7. [保存] をクリックします。

結果

パスワードをリセットするためのリンクが記載された E メールがユーザーのメールアドレスに送信されます。ユーザーは、リンクをクリックしてアカウントの新しいパスワードを入力できます。
注: ユーザーは、登録メールの受信から 24 時間以内にロックを解除する必要があります。解除しないと、スーパー管理者ユーザーにアカウントのロックの解除を再度依頼しなければならなくなります。