vRealize Operations Manager の仮想マシンのパワーオフ アクションによって、選択した 1 つ以上のパワーオン状態の仮想マシンが停止します。仮想マシンは、リソースを管理しているときおよび無駄な領域を解放しているときにパワーオフします。

アクションの動作

仮想マシンのパワーオフ アクションは、仮想マシンをオフにします。VMware Tools がインストールされており、稼働している場合は、最初にゲスト OS がシャットダウンされ、その後、仮想マシンがパワーオフされます。VMware Tools がインストールされておらず、稼働していない場合は、ゲスト OS の状態にかかわらず、仮想マシンがパワーオフされます。この場合は、ゲスト OS を停止してもインストールされているアプリケーションに悪影響が及ばない仮想マシンをパワーオフする場合のみ、このアクションを使用できます。

対象の仮想マシンがすでにパワーオフされている場合は、仮想マシンの状態に変更がなかった場合でも、そのマシンの最近のタスク ステータスでは成功と報告されます。

このアクションを実行する場所

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Managerの次の場所で使用可能です。

  • 一番上のツールバーの アクション メニューで、ホーム をクリックする。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、詳細 タブをクリックし、ビュー をクリックして、タイプ リストのビューを選択する。

  • ツールバーの 環境 をクリックしてオブジェクトを選択し、環境 タブをクリックして、リスト ビューのオブジェクトを選択する。

  • インベントリ エクスプローラ リストの 管理 をクリックし、インベントリ エクスプローラ をクリックして、リスト タブをクリックし、リストのオブジェクトを選択する。

  • 構成済みのアラートの推奨から。

  • ダッシュボード ウィジェットのオブジェクト リストおよびトポロジ グラフから。

アクションのオプション

仮想マシンに関する次の情報を確認して、正しいオブジェクトに対してアクションを実行していることを確認してください。

オプション

説明

選択したオブジェクト

チェック ボックスは、アクションがオブジェクトに適用されるかどうかを示します。1 つ以上のオブジェクトに対してアクションを実行しない場合は、関連するチェック ボックスをオフにします。このオプションは、2 つ以上のオブジェクトが選択されている場合に利用可能になります。

名前

環境のインベントリに表示される仮想マシンの名前。

パワー状態

仮想マシンがパワーオンされているか、パワーオフされているかを示します。

アイドルの仮想マシン

構成済みのアイドル仮想マシンのメトリックに基づいて、仮想マシンがアイドル状態であると見なされるかどうかを示します。

値には、次の種類があります。

  • false。仮想マシンはアクティブです。

  • true。仮想マシンはアイドルです。

  • 不明。 アイドルのメトリックを計算するために必要なデータが vRealize Operations Managerにありません。

アイドルの仮想マシンのパーセンテージ

構成済みの解放可能な無駄な容量のポリシーに基づいて計算された、アイドル仮想マシンのパーセンテージのしきい値。

CPU 使用率

メトリック cpu | usage_average に基づいて計算された、仮想マシンの CPU 使用率のしきい値。

ホスト

仮想マシンが実行されているホストの名前。

アダプタ インスタンス

vRealize Operations Managerで構成されている VMware アダプタの名前。このアダプタは、vCenter Serverインスタンスとの通信を管理します。

OK をクリックすると、次のダイアログ ボックスで、タスク ID と、タスク リストへのリンクが提供されます。

表 1. [タスク ID] ダイアログ ボックス

オプション

説明

最近のタスク

ジョブのステータスを表示し、ジョブが終了したことを確認するには、最近のタスク をクリックします。

OK

追加のアクションを実行せずにダイアログ ボックスを閉じるには、OK をクリックします。