VMware vSphere ソリューションは vRealize Operations Manager とともにインストールされ、vCenter アダプタが含まれています。vRealize Operations Manager では vCenter アダプタを使用して、vCenter Server システム内のオブジェクトのプロパティを収集します。

vCenter Server コンポーネントは、vCenter アダプタの describe.xml ファイルにリスト表示されます。次の例は、describe.xml に含まれている仮想マシンのランタイム プロパティである memoryCap(メモリ キャパシティ)を示しています。

<ResourceGroup instanced="false" key="runtime" nameKey="5300" validation="">
   <ResourceAttribute key="memoryCap" nameKey="1780" dashboardOrder="200" dataType="float"  
                      defaultMonitored="true" isDiscrete="false" isRate="false" maxVal="" 
                      minVal="" isProperty="true" unit="kb"/>
</ResourceGroup>

ResourceAttribute 要素には、UI に表示されるプロパティの名前が含まれており、これらの要素はプロパティ キーとして文書化されます。isProperty = "true" は、ResourceAttribute がプロパティであることを示しています。