他の vRealize Operations Manager グループと同様に、データを収集するオブジェクトをまとめるために、オブジェクトのライセンス グループを作成します。この場合、オブジェクトと製品ライセンスを関連付けます。

ライセンス グループの仕組み

ライセンス グループではソリューションまたは製品のアクティブ化ですでに追加した 1 つ以上のキーを選択し、それらのライセンスのカスタム グループにオブジェクトをメンバーとして追加する必要があります。たとえば、特定のレベルのライセンス キーに関連付けられたグループにオブジェクトを追加し、キーのレベルごとに監視または管理して、ライセンス費用を制御できます。

ライセンス グループを確認できる場所

左側のペインで、管理 > ライセンス を選択し、ライセンス グループ タブをクリックします。

ライセンス グループのオプション

これらのオプションには、ツールバーとデータ グリッドのオプションが含まれます。

アイテムを追加、編集、または削除するには、ツールバー オプションを使用します。

表 1. ライセンス グループのツールバー オプション

オプション

説明

追加

ウィザードを起動してライセンスとオブジェクトを選択し、新しいライセンス グループを選択します。

ライセンス グループを監視ポリシーに関連付けることもできます。

編集

ウィザードを起動してライセンスとオブジェクトを選択し、ライセンス グループを変更します。

ライセンス グループを監視ポリシーに関連付けることもできます。

削除

ライセンス グループを削除します。

アイテムの詳細を表示するには、データ グリッドのオプションを使用します。

表 2. ライセンス グループのデータ グリッド オプション

オプション

説明

ライセンス グループ

ライセンス グループの名前

合計メンバー

ライセンス グループ内のオブジェクトの数

ライセンス供与可能な使用量

オブジェクトを監視するために、ライセンスに対してカウントされるグループ内のオブジェクトの数。無制限にオブジェクトを監視できるライセンスを持っている場合、この数値はゼロ(0)になります。

ライセンス グループ情報(以下の内容)

選択したライセンス グループの詳細

概要

選択したライセンス グループに関連付けられたキーの名前、ライセンス シリアル番号、および数。

メンバー

選択したライセンス グループに関連付けられたオブジェクトのリスト