ダッシュボードを作成して、データストア オブジェクトのディスク使用量を監視し、潜在的な問題が通知されるようにします。

始める前に

データストア オブジェクトの新しいグループにポリシーを適用します。データストア オブジェクト グループへのデータストア ポリシーの適用 を参照してください。

このタスクについて

このステップでは、新しいダッシュボードを作成し、そのダッシュボードにウィジェットを追加し、本番データストア オブジェクトを監視できるようにそのウィジェットを構成します。

手順

  1. ホーム をクリックします。
  2. アクション > ダッシュボードを作成する をクリックします。
  3. 新しいダッシュボードを構成します。
    1. [新規ダッシュボード] ワークスペースの [ダッシュボードの構成] ペインで、新規ダッシュボードの名前「本番データストア」を入力します。
    2. [デフォルト] では はい を選択します。
  4. 新しいダッシュボードにウィジェットを追加します。
    1. ワークスペースで ウィジェット リスト をクリックします。
    2. ウィジェットのリストから オブジェクト リスト ウィジェットをクリックし、それを右側のペインにドラッグします。
    3. 容量 ウィジェットをクリックし、それを右側のペインにドラッグします。
    4. 残り時間 ウィジェットをクリックし、それを右側のペインにドラッグします。
    5. アラート リスト ウィジェットをクリックし、それを右側のペインにドラッグします。
  5. ウィジェットの相互作用を構成します。
    1. ワークスペースで ウィジェットの相互作用 をクリックします。
    2. オブジェクト リスト ウィジェットの相互作用で、[選択したオブジェクトおよび選択したアラート] のドロップダウン メニューをクリックし、選択項目をクリアします。
    3. アラート リスト ウィジェットの相互作用で、ドロップダウンをクリックし、オブジェクト リスト を選択します。
    4. 容量ウィジェットの相互作用で、ドロップダウンをクリックし、オブジェクト リスト を選択します。
    5. 残り時間ウィジェットの相互作用で、ドロップダウンをクリックし、オブジェクト リスト を選択します。
    6. 相互作用の適用 をクリックします。
  6. オブジェクト リスト ウィジェットを構成します。
    1. オブジェクト リスト ウィジェットで鉛筆をクリックします。
    2. [内容の更新] で オン を選択します。
    3. [更新間隔] で矢印をクリックし、30 秒を選択します。
    4. [モード] で を選択します。
    5. [最初の行を自動選択] で オフ を選択します。
    6. 下側のペインでプラス記号をクリックしてタグのリストを展開し、本番データストア を展開します。次に、本番データストア (n) を選択し、OK をクリックします。

    [本番データストア] オブジェクト グループ内のオブジェクトがオブジェクト リスト ウィジェットに表示されます。

  7. 容量ウィジェットを構成します。
    1. 容量ウィジェットで鉛筆をクリックします。
    2. [内容の更新] で オン を選択します。
    3. [更新間隔] で矢印をクリックし、30 秒を選択します。
    4. [セルフ プロバイダ] で オン を選択します。
    5. [選択したオブジェクト] の 検索 テキスト ボックスに「グループ」と入力し、リストから 本番データストア グループを選択します。

      選択したオブジェクト テキスト ボックスに [本番データストア] グループが表示されます。

    6. OK をクリックします。

    容量ウィジェットにスコアとグラフが表示され、残りの計算オブジェクトが総消費容量に対する割合として示されます。

  8. 残り時間ウィジェットを構成します。
    1. 残り時間ウィジェットで鉛筆をクリックします。

      オブジェクト リソースが消費されるまでの残り時間が、残り時間ウィジェットに表示されます。

    2. [内容の更新] で オン を選択します。

      オブジェクト リソースが消費されるまでの残り時間が、残り時間ウィジェットに表示されます。

    3. [更新間隔] で矢印をクリックし、30 秒を選択します。
    4. [セルフ プロバイダ] で オン を選択します。
    5. [選択したオブジェクト] の 検索 テキスト ボックスに「グループ」と入力し、リストから 本番データストア グループを選択します。

      選択したオブジェクト テキスト ボックスに [本番データストア] グループが表示されます。

    6. OK をクリックします。

    残り時間ウィジェットにスコアとグラフが表示され、オブジェクト リソースが消費されるまでの残り時間が示されます。

  9. アラート リスト ウィジェットを構成します。
    1. アラート リスト ウィジェットで鉛筆をクリックします。
    2. [内容の更新] で オン を選択します。
    3. [更新間隔] で矢印をクリックし、30 秒を選択します。
    4. [選択したオブジェクト] の 検索 テキスト ボックスに「グループ」と入力し、リストから 本番データストア グループを選択します。

      選択したオブジェクト テキスト ボックスに [本番データストア] グループが表示されます。

    5. 下側のペインでプラス記号をクリックしてタグのリストを展開し、本番データストア を展開します。次に、本番データストア (n) を選択し、OK をクリックします。

    オブジェクトに対して構成されたアラートがアラート リスト ウィジェットに表示されます。本番データストア オブジェクトのディスク領域を監視するダッシュボードを作成しました。[本番データストア] オブジェクト グループ内のオブジェクトのデータを vRealize Operations Manager が分析および収集した後、その結果を新しいダッシュボードに表示できます。

タスクの結果

ポリシーを作成して本番データストア オブジェクトに適用し、vRealize Operations Manager がデータを収集するときに、それらのオブジェクトを監視するようにしました。これにより、環境のサービス レベルを監視および維持できるようになりました。vRealize Operations Manager は、新しいポリシーの設定を使用して、データストア オブジェクトの容量、残り時間、および潜在的なアラートについての情報を表示します。新しいポリシーを適用することにより、本番データストア オブジェクトのディスク領域レベルを、本番環境に設定されたポリシーに確実に準拠させることができます。