表示ウィジェットにより、ダッシュボードで vRealize Operations Managerビューを表示することができます。

表示ウィジェットと構成オプションの仕組み

ビューは、収集したオブジェクトに関する情報を、ビュー タイプに応じた方法で表示します。それぞれのビュー タイプを使用することで、プロパティ、メトリック、アラート、ポリシー、およびデータをさまざまな切り口で見ることができます。

表示ウィジェットを 1 つ以上のカスタム ダッシュボードに追加し、ダッシュボード ユーザーにとって重要なデータが表示されるように構成できます。

表示ウィジェットと構成オプションを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。左側のペインで、[ホーム] をクリックし、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、[コンテンツ] > [ダッシュボード] の順にクリックします。ダッシュボード ツールバーで、[追加] アイコンをクリックしてダッシュボードを追加するか、[編集] アイコンをクリックして、選択したダッシュボードを編集します。ダッシュボード ワークスペースの左側で [ウィジェット リスト] をクリックし、ウィジェットをダッシュボードの右側のペインにドラッグします。選択したウィジェットのタイトル バーの [編集] アイコンをクリックして、構成オプションにアクセスします。

表示ウィジェット ツールバーは、表示されるビュー タイプに応じて異なります。どのビュー タイプの場合でも、ビューを CSV ファイルとしてエクスポートすることができます。

表示ウィジェットの構成オプション

ウィジェットを構成するには、ウィジェットのタイトル バーの [編集] アイコンをクリックします。

オプション 説明
タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

セルフ プロバイダ
ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。
  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。
  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。
オブジェクトの選択

ウィジェット データの基準となるオブジェクト

表示

選択したリソースで使用可能な、定義済みビューのリスト。

ビューは、表示ウィジェットの構成オプションから直接に作成、編集、削除、クローン作成、エクスポート、およびインポートできます。