収集された構成プロパティに基づくプロパティ症状を定義して、1 つ以上の症状を vRealize Operations Manager のアラート定義に追加できるようにします。 トリガーされた症状に基づいて、アラートを解決したり、他の問題をトラブルシューティングしたりできます。

プロパティの症状の定義の仕組み

プロパティ症状は、定義済みのしきい値と現在のプロパティ値を比較した結果、true に評価されると、トリガーされます。

プロパティの症状の定義ワークスペースの場所

メトリックまたはスーパーメトリックに基づいて症状を定義するには、左側のペインで 内容 アイコンをクリックし、症状の定義 > プロパティの症状の定義を選択します。 追加 をクリックし、ワークスペースでプロパティに基づく症状を定義します。

アラートの定義のワークスペースでアラートを定義する通りに症状を定義することもできます。

表 1. プロパティの症状のワークスペースのオプション

オプション

説明

プロパティ セレクタ

症状が作成されるプロパティの場所の特定に使用するコンポーネント。

基本オブジェクト タイプ

症状が評価される対象のオブジェクト。

選択したオブジェクト タイプに基づき、オブジェクト タイプに該当するプロパティのみが使用可能なプロパティのリストに表示されます。

リソースの選択

共通プロパティ リストにプロパティが含まれていない場合は、選択した基本オブジェクト タイプに基づいて、[リソースの選択] を使用し、選択したオブジェクトのプロパティを調べます。これにより、症状を作成するために使用する必要があるプロパティを見つけることができます。特定のオブジェクトのプロパティを選択した場合でも、環境内でそのプロパティを持つすべてのオブジェクトに症状定義を適用できます。

検索

単語検索を使用して、リストに表示される項目の数を限定します。

プロパティ リスト

選択した基本オブジェクト タイプのプロパティのリスト。

症状の定義ワークスペース

プロパティを右側のペインにドラッグします。

プロパティ

プロパティは、指定した値と比較される構成済みの値です。 単一のプロパティ症状を構成することも、複数の症状を追加することもできます。

たとえば、特定のプロパティ(メモリのホット アドなど)が要求値から外れたときにアラートを通知する必要がある場合は、症状を構成し、アラート定義に追加できます。

オプションを構成します。

  • 演算子。症状の定義を評価する際に、[値] テキスト ボックスに指定した値とオブジェクトのプロパティの現在値を比較する方法を決定します。

  • 値。演算子が評価する値。

  • 重要度レベル。症状がトリガーされるときの症状の重要度。

  • 症状の名前。症状の名前です。この名前は、アラート定義を構成するときに症状のリストに表示されます。また、アラートが生成されたときや、トリガーされた症状を表示するときにこの名前が表示されます。

  • 待機サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は true を維持し、この期間が過ぎると症状がトリガーされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が true になったときに、同じ収集サイクルで症状がトリガーされることを意味します。

  • キャンセル サイクル。ここで指定された数の収集サイクルの期間、トリガー条件は false になり、この期間が過ぎると症状はキャンセルされます。デフォルト値は 1 です。これは、条件が false になったときに、同じサイクルで症状がキャンセルされることを意味します。