vRealize Operations Manager には、ソリューション(監視および管理対象のデータにユーザーを接続するアダプタを含む)の追加や管理を行うことができるページが含まれています。

ソリューションの仕組み

ソリューションは、コンテンツおよびアダプタを含む管理パックとして配信されます。vRealize Operations Manager はアダプタを使用して、通信の管理、およびその他の製品、アプリケーション、機能との統合の管理を行います。

ソリューションを確認できる場所

左側のペインで、管理 > ソリューションを選択します。

データ収集通知

上部メニュー バーの [データ収集] アイコンを使用して、データ収集に関連するステータスと重要な通知にすばやくアクセスすることができます。このアイコンは、通知が存在するかどうか、およびその中に重要な通知があるかどうかを示します。通知のリストを表示するには、アイコンをクリックします。

リストには、進行中のデータ収集に関する通知が表示され、どれかに重要な問題があるかどうかが示されます。リストの下部に進行中のデータ収集通知が 1 つのエントリとしてグループ化されます。収集に関する詳細を表示するには、通知を展開します。

各通知は最後または現在のデータ収集のステータス、関連付けられているアダプタ インスタンス、収集の完了または問題の識別からの時間を表示します。通知をクリックして、[ソリューション] ページを開き、そこで詳細を表示してアダプタ インスタンスを管理できます。通知リストの下部にある ソリューション をクリックして、[ソリューション] ページを開くこともできます。

データ収集で問題が発生した場合は、vRealize Operations Manager によって 5 分間隔の収集サイクル中にそれらの問題が識別されます。

ソリューションのインストールの失敗

ソリューションのインストールに失敗した場合は、ソリューションはインストールされず、管理 > ソリューション ページにはソリューションが表示されませんが、ソリューションに関連付けられているプラグインが、vRealize Operations Managerコンテンツ > プラグイン ページに表示されます。ソリューションのインストールに失敗した場合は、ソリューションを再インストールしてください。

ソリューションのオプション

ソリューションのリストには、オプションのツールバーが含まれています。

表 1. ソリューション ツールバーのオプション

オプション

説明

追加

ウィザードを開始して、ソリューション管理パックの PAK ファイルを見つけたり、アップロードしたり、ライセンスを受けたり、インストールしたりします。

構成

ウィンドウを開き、ソリューションがデータに接続できるようにするためのネットワーク アドレスまたは認証情報などの設定を制御します。構成はソリューションごとに異なります。

表示

ソリューションのリストをフィルタして、構成済みのソリューション、未構成のソリューション、またはすべてのソリューションを表示します。

ソリューションのデータ グリッドは追加されたソリューションのリストです。ソリューション コンポーネントを構成して、vRealize Operations Manager がデータを収集できるようにする必要があります。

表 2. ソリューション データ グリッドのオプション

オプション

説明

名前

ベンダーまたはメーカーがソリューションに付けた名前です。

説明

一般に、ソリューションが監視する対象またはソリューションのアダプタが接続する対象のデータ ソースを示します。

バージョン

ソリューションを識別するバージョンとビルド番号。

提供元

ソリューションを作成したベンダーまたはメーカー。

ライセンス

ソリューションでライセンスが必要かどうかを示します。

収集のステータス

ソリューションのステータスを示します。データの受信は、ソリューションがデータを収集していることを示します。

詳細のエリアには、オプションのツールバーが含まれています。

表 3. ソリューションの詳細ツールバーのオプション

オプション

説明

収集の開始

選択されたアダプタを使用したデータ収集を有効にします。

収集の停止

選択されたアダプタを使用したデータ収集が行われません

再ロード

詳細のリストを更新します。

詳細データ グリッドは、選択されたソリューションの追加情報を表示します。

表 4. ソリューションの詳細データ グリッドのオプション

オプション

説明

アダプタ タイプ

ベンダーまたはメーカーがアダプタに付けた名前です。

アダプタ インスタンス名

インストール ユーザーが、アダプタの固有のインストールに付けた名前です。

認証情報名

インストール ユーザーが、データ ソースの接続に使用されるログイン認証情報のセットに付けた名前です。

コレクタ

vRealize Operations Manager が、収集されたデータを受け取る場所を示します。一般に、この名前はアダプターとvRealize Operations Manager ノードの名前を組み合わせたものです。

収集状態

アダプターが、データ収集のために有効になっているかどうかを示します。

収集ステータス

アダプターが、何らかのデータを収集しているかどうかを示します。